スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
読書29『鷺と雪』
鷺と雪鷺と雪
(2009/04)
北村 薫

商品詳細を見る

帝都に忍び寄る不穏な足音。ルンペン、ブッポウソウ、ドッペルゲンガー…。良家の令嬢・英子の目に、時代はどう映るのか。昭和十一年二月、雪の朝、運命の響きが耳を撃つ―。
【評価】
☆☆☆☆☆
【感想】
まさかとは思ってたけど、物語はそこに向かっていたのか?
もう、この内容紹介ですべてを語っていると思うけど、そこが軸ではなく、あくまでも物語の落としどころ。
思ったんだけど、これって、いつもの日常の謎と織り交ぜて書かなくてもよかったんじゃないかなぁ。
小出しにする謎の提示も上手いし、なんといっても文章の上手さが際立つ。がために、謎解きそのものが陳腐に思えてならない。
しかし、そのほかの部分では、さすが北村センセイと崇め奉るより、わたしには賞賛のことばがない。
もう一度(いや、何度でも)繰り返し読みたくさせる物語でした。
近いうちに『街の灯』から読み返すことでしょう。


こんな面白い本を買うだけで、本棚の飾りにしてしまっている友人がいるが、それって、美味しそうなものを眺めて味わうことをしない、いわば美食家のマゾのような気がしてならない。変態というよりは、変な体質といったところか。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2009/06/30 13:20 】 | 2009読書 | コメント(2) | トラックバック(1) | page top↑
<<ミニドラマ『FALLEN 運命の天使』 | ホーム | 映画101『エイリアン4 完全版』>>
コメント
----
飾っていたハードカバーの本(未読)が、本屋に文庫で並んでいた時には愕然としました。

時代に置いてきぼりです……

by:塾長 | URL | #-【2009/07/01 11:07】 [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--
100円で買った古本を潰していく暇があったら、まともに書店でかったハードカバーを読みなさーい!
北村センセイが可哀相。。。
by:Chris | URL | #-【2009/07/02 07:38】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
「鷺と雪」北村薫
帝都に忍び寄る不穏な足音。良家の令嬢・英子の目に、時代はどう映るのか。 昭和十一年二月、雪の朝、運命の響きが耳を撃つ―。 第141回直木賞受賞作品。 華族主人の失踪の謎を... 粋な提案【2013/02/15 14:56】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。