スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
読書48『春のオルガン』
春のオルガン (新潮文庫 ゆ 6-3)春のオルガン (新潮文庫 ゆ 6-3)
(2008/06/30)
湯本 香樹実

商品詳細を見る

小学校を卒業した春休み、「私」のただ一人の仲間は9歳の弟だった。隣の家との争いのせいでぎくしゃくする家を離れて、姉弟は外の世界をさまよい始める。広い空の下の河原、不思議なおばさんとの出会い、そしてもう家には帰らず壊れたバスの中で暮らそう、と二人が決めた日の夜に…? 12歳の気持ちを鮮やかに描きだし、忘れがたい印象を残す物語。
【評価】
☆☆☆☆
【感想】
すばらしい。
いや、湯本さんの小説もそうだけど、この角田光代の解説がすばらしい。
彼女の解説は☆5つをつけてもいい。
どこぞの頭の良さげな、ただ自分の知識をあげつらねて解説にもなってない、鼻持ちならない自己顕示欲がペンもって自己表現の場に使っているような解説者とはわけがちがう。
すべての出来事に、全部理由づけがないと気もちのわるくなるテレビドラマ型の読書のヒトには薦めないが、感受性でモノを読めるヒトにはチョーお薦めしたい。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/08/14 18:23 】 | 2008読書 | コメント(2) | トラックバック(1) | page top↑
<<映画125『WXⅢ 機動警察パトレイバー』 | ホーム | 映画124『機動警察パトレイバー2』>>
コメント
----
子供の頃の思い出と重ね合わせながら読むことが出来ました。
トラックバックさせていただきました。
by:藍色 | URL | #-【2010/11/13 09:32】 [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--
小学校を卒業するころの自分が嫌いで、卒業アルバムにのっている自分の写真を全部塗りつぶした経験があります。


だからといって中学生のころの自分が好きかと問われれば、NOと答えるしかないのだけど。


男女問わず、揺れ動く多感な時期なんですよね実際。
by:Chris | URL | #-【2010/11/15 10:10】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
春のオルガン 湯本香樹実
きのう小学校を卒業した。今日から春休み。でもなんだか私の頭はもやもや。 隣の家との争いが原因で、家のなかもぎくしゃく。 ひょろひょろ頼りないやつだけど、私の仲間は弟のテツだけだ。 私たちはいっし... 粋な提案【2010/11/13 09:32】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。