スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
読書『苦役列車』
苦役列車 (新潮文庫)苦役列車 (新潮文庫)
(2012/04/19)
西村 賢太

商品詳細を見る

劣等感とやり場のない怒りを溜め、埠頭の冷凍倉庫で日雇い仕事を続ける北町貫多、19歳。将来への希望もなく、厄介な自意識を抱えて生きる日々を、苦役の従事と見立てた貫多の明日は――。現代文学に私小説が逆襲を遂げた、第144回芥川賞受賞作。後年私小説家となった貫多の、無名作家たる諦観と八方破れの覚悟を描いた「落ちぶれて袖に涙のふりかかる」を併録。解説・石原慎太郎。
【感想】
一度読んでいたのだけど、映画を観てもう一度読み返してみることにした。
苦役列車(通常版) [DVD]苦役列車(通常版) [DVD]
(2013/01/11)
森山未來/高良健吾/前田敦子

商品詳細を見る

そこで思った。
この映画はあんまりだ。
ひどすぎる。
作者の意図しているものを捻じ曲げた、恐ろしく身勝手な映画である。
そもそも、登場してもいない人物を勝手につくりあげ、物語にまったくない事実関係をつくってしまっていいものだろうか?
自信がないなら、この手の映画に手を出すのではない!
と、西村君に同情してしまった。
映画は駄作だが小説は秀逸。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2014/02/20 11:03 】 | 2014年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 読書『奇跡』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。