スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
読書『はるひの、はる』
はるひのの、はるはるひのの、はる
(2013/06/27)
加納 朋子

商品詳細を見る

ある日、僕の前に「はるひ」という女の子が現れる。「未来を変えるために、助けてほしい」と頼まれた僕は、それから度々彼女の不思議なお願いを聞くことになり…。時を越えて明かされる、温かな真実。切なくも優しい連作ミステリー。
【感想】
ささらシリーズ第三弾。
といっても、主人公は毎回違うけどね。
ミステリというよりはSF色が強い作品。
お、これってシックセンス? なんて思いながら読み進めてゆくと、そこはやはり朋子さま、一筋縄ではいかない作家。
ひとつひとつがすべて珠玉の作品ではあるけれど、この作家が描く作品は、全体にある。
もっといえば三作通した俯瞰の視線に注目したい。
とある作家が彼女の解説に、ロジックではない。マジックだ。と書かれていたが、今回もまさにその通りでした。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2013/10/04 08:59 】 | 2013年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<マンガ『よつばと!』 | ホーム | 映画『あなたへ』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。