スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
読書『死者のための音楽』
山白朝子短篇集 死者のための音楽 (幽ブックス)山白朝子短篇集 死者のための音楽 (幽ブックス)
(2007/11/14)
山白 朝子

商品詳細を見る

これは愛の短篇集だ。
怪談専門誌『幽』の連載で話題沸騰の大型新人、待望の初単行本化。
怪談専門誌『幽』2号から7号までに連載された6篇の怪談短編に、書き下ろし作品を加えた愛と哀しみの短編集。幻想的な異界への境界と、親と子を描いた叙情的な物語は、怪談ファンのみならず幅広い読者の支持を得る。待望の初単行本。
【感想】
中田永一よりも、こっちのほうが乙一ワールド。
ちょっぴり切なく、ちょぴりエグい。
これって、初期の乙一作品に通ずる作品づくりだよね。
久しぶりに乙一ワールドを堪能しました。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2013/02/13 10:28 】 | 2013年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<読書『あと少し、もう少し』 | ホーム | 映画『フットルース 夢に向かって』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。