スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
読書『くちびるに歌を』
くちびるに歌をくちびるに歌を
(2011/11/24)
中田 永一

商品詳細を見る

拝啓、十五年後の私へ。中学合唱コンクールを目指す彼らの手紙には、誰にも話せない秘密が書かれていた―。読後、かつてない幸福感が訪れる切なくピュアな青春小説。
【感想】
いつの時代の青春小説!? っていいたくなるくらい、青い。
読んでいて気恥ずかしくなるところが多々あるけれど、これってやはり普遍だよなぁ、と納得させられる。
あなた、ほんとうに乙一さん? ですよね。
ミステリ要素をほぼとりはらったような今回の作品だけど、最後の最後に、嗚呼、あそことここは、こう結びつくのかぁ。って箇所があって、ある意味ホッとしました。
そうでなければ、まったく彼らしくない作品といってもいいでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2013/02/05 11:30 】 | 2013年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<読書『壊れる日本人―ケータイ・ネット依存症への告別』 | ホーム | マンガ『G戦場ヘヴンズドア』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。