スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
読書『PRIDE(プライド)―池袋ウエストゲートパークⅩ』
PRIDE(プライド) 池袋ウエストゲートパークX (文春文庫)PRIDE(プライド) 池袋ウエストゲートパークX (文春文庫)
(2012/09/04)
石田 衣良

商品詳細を見る

自分をレイプしたワンボックスカーの4人組を探してほしい―ちぎれた十字架のネックレスをさげた美女はマコトにそう依頼した。広域指名手配犯B13号を追うさなか、若者ホームレス自立支援組織の戦慄の実態が明らかになる表題作ほか3篇、最高の燃焼度で疾走するIWGPシリーズ第1期完結10巻目。
【感想】
ようやく完結かぁ。
ずっとつづくものだとばかり思ってました。
けれども第1期ってことは、次があるってことですよね。
ドラマでいうところのシーズン2みたいな。
まあ、しかしよくもこれだけネタを探せたものだと感心。
いや、ネタを探すのは誰にでも容易なことだけど、そのネタを読み物として高クオリティな物語とすることは誰にでもできることではないはず。
そこをやりとげる腕と技術力が、デビュー当時よりますます磨かれた感じがします。
まあ、なかには、この話ってどうなんだろう? ってのもあったけど。
村山○佳のおいコーシリーズを読み終えたときとは、まったく違った達成感を味わいました。特に表題作に。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2013/01/11 09:21 】 | 2013年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<読書『わらの女』 | ホーム | 小説『わらのいぬ』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。