スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
読書『吉祥寺の朝比奈くん』
吉祥寺の朝日奈くん吉祥寺の朝日奈くん
(2009/12/11)
中田 永一

商品詳細を見る

収録作品
交換日記始めました! 恋人同士の圭太と遥が内緒で交わしていた交換日記。二人だけの秘密だったはずが…。
ラクガキをめぐる冒険 高校二年のときにクラスメイトだった遠山真之介。五年後の今、不思議なことに同級生の誰も彼のことを憶えていないのだ。
三角形はこわさないでおく ツトムと小山内さんと、俺。ツトムは小山内さんが気になり、小山内さんは…? 微妙なバランスの三角関係の物語。
うるさいおなか 私のおなかは、とてもひんぱんに、鳴る。そのせいでどうしても積極的になれなかった私の前に、春日井君があらわれて…。
吉祥寺の朝日奈くん 山田真野。上から読んでも下から読んでも、ヤマダマヤ。吉祥寺に住んでいる僕と、山田さんの、永遠の愛を巡る物語。


【著者紹介】
2005年、恋愛小説アンソロジー『I LOVE YOU』(小社刊)に参加、『百瀬、こっちを向いて。』が読書界で話題を呼ぶ。2008年、同タイトルで単行本デビューを果たすや、「ダ・ヴィンチ」「本の雑誌」などの各紙誌で年間ベストテン・ランキング入りを果たす。その後も精力的に、主に恋愛小説誌『FeelLove』にて作品を発表。ユーモアと叙情性を兼ね備えた独特なラブコメ・タッチの作風で、今後ますますの活躍が期待される。
【感想】
さすが乙一……いやいや、中田永一!
手放しで面白い!
とくに表題作は秀逸中の秀逸!
やっぱ乙一……いやいや、中田永一は天才ですね。
物語中の複線がすばらし杉!
いやいや乙一……いやいや、中田永一氏の真似って、凡人にはできませんって。
やっぱキミ、乙一だよね。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2012/07/14 18:08 】 | 2012年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<映画『サンザシの樹の下で』 | ホーム | 読書『獣の奏者 外伝 刹那』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。