スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
読書『f植物園の巣穴』
f植物園の巣穴f植物園の巣穴
(2009/05/07)
梨木 香歩

商品詳細を見る

歯痛に悩む植物園の園丁がある日、巣穴に落ちると、そこは異界だった。前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、愛嬌のあるカエル小僧、漢籍を教える儒者、そしてアイルランドの治水神と大気都比売神……。人と動物が楽しく語りあい、植物が繁茂し、過去と現在が入り交じった世界で、私はゆっくり記憶を掘り起こしてゆく。怪しくものびやかな21世紀の異界譚。
【感想】
久しぶりに読んだ梨木香歩。
そうそう、このヒトってこんなふしぎな小説書くヒトだったよなぁ。
そして読んで、あらためてこの作家のすごさを再認識。
まるで『裏庭』を読んだときの衝撃がありました。
どんだけ才能あるんだか。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2012/05/16 16:12 】 | 2012年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<読書『昼のセント酒』 | ホーム | 映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 3D』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。