スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
映画『セイブ・ザ・タイガー』
セイブ・ザ・タイガー [DVD]セイブ・ザ・タイガー [DVD]
(2010/08/06)
ジャック・レモン、ジャック・ギルフォード 他

商品詳細を見る

【感想】
やっぱ70年代映画はいいなぁ。
ジャック・レモンの演技に胸をうたれました。
イタリアンシルクのスーツを身にまとい、高級車を乗り回す、精一杯背伸びして生きている、ブザマナ中年男。
なかなかできませんよ、こんな演技。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2012/01/28 14:00 】 | 2012年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画『ミックマック』
ミックマック [DVD]ミックマック [DVD]
(2011/11/25)
ダニー・ブーン、アンドレ・デュソリエ 他

商品詳細を見る

【感想】
オトナ版『アメリ』といったところですかね?
自分で二番煎じしてどうする的突っ込みはさて置き、フツーに面白かったです。
国外へ拉致っちゃうところなんか、よく考えてるなぁ、と感心しました。
でも、もういいかな、イタズラ映画は。
てかこのヒト、本当に『エイリアン4』を撮った監督ですか?

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2012/01/27 11:57 】 | 2012年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書『悪意の手記』
悪意の手記悪意の手記
(2005/08/30)
中村 文則

商品詳細を見る

「なぜ人間は人間を殺すとあんなにも動揺するのか、動揺しない人間と動揺する人間の違いはどこにあるのか、どうして殺人の感触はああもからみつくようにいつまでも残るのか」―死への恐怖、悪意と暴力、殺人の誘惑。ふとした迷いから人を殺した現代の青年の実感を、精緻な文体で伝え、究極のテーマに正面から立ち向かう、新・芥川賞作家の野心作。
【感想】
人を殺してしまった自分に対しての内観がすごい。
ヒトゴロシなのだから、究極の悪なはずなのに、ここから実際感じられるのはニンゲンの弱さだけだった。
読後も考えさせられる作品です。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2012/01/27 11:51 】 | 2012年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書『最後の命』
最後の命最後の命
(2007/06/12)
中村 文則

商品詳細を見る

ある日、帰宅するとベッドの上で女が死んでいた。警察で取り調べを受ける私は、そこで意外な名前を聞く。その名は、私を強制的に記憶の奥底へと引き戻す―。少年時代に起こったひとつの強姦殺人事件。その日を境に心の奥底に宿った欲望の種子は、ふたりの男の運命を切断していく。暴力、欲望の生みだす罪。その残酷さの中にある人の希望とは!深遠なテーマと向きあい、たどり着いた著者の新境地!渾身の傑作長篇小説。
【感想】
ミステリーちっくな純文ってとこかな。
作者のいままでにない新しいストーリー展開もまたよし。
ひとつ間違えると、ホームレス=悪と捉えられなくもない内容だけど、巧みな筆さばきで、個人を貶める書き方なので、まあいいとして。でもビミョーだったなぁ。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2012/01/27 11:44 】 | 2012年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画『義兄弟~SECRET REUNION~』
義兄弟~SECRET REUNION~ [DVD]義兄弟~SECRET REUNION~ [DVD]
(2011/05/27)
ソン・ガンホ、カン・ドンウォン 他

商品詳細を見る

【感想】
ヘタをすると、お涙頂戴物の気持ちのわるい映画になりがちの韓流映画。
これはよかったですよ。
節操ないリメイク映画をつくりまくるより、こういったオリジナルでゼヒがんばってほしいです。
まあ、北と南の確執がいまだある国だからこそ、できるストーリーではあるんだけどね。
でも、そろそろお腹一杯にならないかなぁ?国民として。
って、チョー平和ボケバスターズのわたしのいえた義理ではないんですが。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2012/01/21 10:50 】 | 2012年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画『パレード』
パレード (初回限定生産) [DVD]パレード (初回限定生産) [DVD]
(2010/10/06)
藤原竜也、香里奈 他

商品詳細を見る

【感想】
原作を読んだのが5年も前なので、すっかり内容を忘れていた。
ところどころは、嗚呼、そうそう――て思い出すんだけど、ところどころで、ええ、そうだったっけ?――みたいにも思った。
見終わって、もう一度原作を読みたくなった。
ってことは、すぐれたストーリーであるってことだよね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2012/01/21 10:44 】 | 2012年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画『アウトレイジ』
アウトレイジ [DVD]アウトレイジ [DVD]
(2010/12/03)
ビートたけし、三浦友和 他

商品詳細を見る

【感想】
めずらしく有名どころの役者をたくさん起用しましたね。
――の割りに、まとまりのある、いい仕上がりの映画だったと思いました。
たけしの皮肉がピリッと利いた、山椒の小粒的映画。
おもしろかったです。
けれど、かなり酷い残酷シーンがあるので要注意。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2012/01/15 11:47 】 | 2012年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画『ポカホンタス』
ポカホンタス [DVD]ポカホンタス [DVD]
(2004/07/09)
アラン・メンケン、スティーヴン・シュワルツ 他

商品詳細を見る

【感想】
映画『アバター』のベースはコレ!
って、自分でいってるだけだけど。
でも実際そうだよね。
てことは、あのジェームズ・キャメロンがパ○ったの!?
でも、いいんです。
それが彼の持ち味だから。つまり原作を越える、ってやつですね。
でもベースがしっかりしていると軸がぶれないのでいいですね。
よって、本作も傑作の部類です。メル・ギブソン歌ってるし。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2012/01/15 11:41 】 | 2012年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画『パリ20区、僕たちのクラス』
パリ20区、僕たちのクラス [DVD]パリ20区、僕たちのクラス [DVD]
(2011/04/28)
フランソワ・ベゴドー、ラシェル・レグリエ 他

商品詳細を見る

【感想】
さすが、おフランス映画。
金○先生とは全然違うよね。
いいヒトを描きたがる日本人には、露骨なリアリズムだけど、これが現実でしょ、実際。
教師だってニンゲンなんだしね。
今回のパルムドール(ブラピが出てたやつ)みたいにお金は全然かかってないけど、すばらいい映画でした。
そういう意味でも、ザ・おフランス映画!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2012/01/11 08:59 】 | 2012年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ『おとりよせ王子飯田好実』
おとりよせ王子飯田好実 1 (ゼノンコミックス)おとりよせ王子飯田好実 1 (ゼノンコミックス)
(2011/11/19)
高瀬 志帆

商品詳細を見る

【感想】
リアクションが『花のズボラ飯』とかぶってるような気がするけど……
けれどこのマンガ、めっさおもしろい!!
そうか、この手があったか。
このネタだったら、わざわざうちのクマさんたちを外出させなくてもいいわけだし。
いただいちゃおうかなぁ?
個人的に、飯田君にものすごく親近感がわきました。
わたしもスマフォとか買おうかなぁ……。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2012/01/11 08:52 】 | 2012年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』
魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [DVD]魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [DVD]
(2011/04/27)
悠木 碧、斎藤千和 他

商品詳細を見る


魔法少女まどか☆マギカ 6 【通常版】 [DVD]魔法少女まどか☆マギカ 6 【通常版】 [DVD]
(2011/09/21)
悠木 碧、斎藤千和 他

商品詳細を見る

【感想】
初回、1話と2話をガマンできれば、めちゃめちゃ面白くなる。
絵を見て引くかもしれないけど、これはある狙いがあってのこと。確信犯です。
美少女戦士ものではないので、子供には薦めないようにしてください。
というか、R指定したほうがいいかも。
ぶっちゃけ少女版エヴァ的要素があるかもね。

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2012/01/09 12:18 】 | 2012年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ『よつばと! 11』
よつばと! 11 (電撃コミックス)よつばと! 11 (電撃コミックス)
(2011/11/26)
あずま きよひこ

商品詳細を見る

【感想】
前回⑩を読んだのが2010年の12月。
いつまで待たせんねん!?と憤慨していたが、読んだ瞬間、その苦悩が見事に洗われた。
とりあえず表紙を見ただけで癒された。
この読書風景、なごむよね。
ジュラルミン(クマ)の読んでる本がまたいいよね。
『クマ大百科』っていう本を読んでいるんだけど、表紙のカバーを剥いで爆笑!
ジュラルミンが『続クマ大百科』を読んでる!(爆)


今回はクマ好きニンゲンは読まなあかんでぇ。
マジで。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2012/01/06 08:13 】 | 2012年のお気に入り | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。