スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
読書『土曜の夜と日曜の朝』
51xWK18499L__SL500_AA300_.jpg
土曜の夜と日曜の朝 (新潮文庫 赤 68-2)
反抗的人間の苛烈な青春と労働者階級の生活感情を鋭い感覚で描く< 怒れる世代>の傑作
【感想】
おそらく第二次世界大戦終戦後のイギリスを舞台としているのだろう。
しかしまったく古さを感じさせないのは、労働者階級の思考と行動パターンに、いつの世も変わることない普遍性があるからなのだろう。
20代を怒れる世代と要約するならば、国は違えども、この年代を経てきたすべての男が、階級など関係なく理解できる感情ではないかと思う。
酒を飲んで週末を過ごしている主人公と、いまの自分はまったくといって違いがない。(怒れる世代ではないが)
読んでいるとバーにいってスタウトが飲みたくなる。(さすがイギリス)
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2011/04/30 17:22 】 | 2011年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画『グロリア』
グロリア [DVD]グロリア [DVD]
(2011/02/23)
ジーナ・ローランズ、バック・ヘンリー 他

商品詳細を見る

【感想】
このおばさん、かっこよ杉!
それとすばらしい演技力。
最後に元カレに会いに行くんだけど、そのシーンがいいんだなぁ。
あのビミョーな表情はなかなかできませんよ。
まあ、シャ○ン・ストーンには無理でしょうね。って、そっちのグロリアは観たことないけど。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2011/04/29 08:34 】 | 2011年のお気に入り | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画『ベティーブルー』
ベティ・ブルー インテグラル リニューアル完全版 [DVD]ベティ・ブルー インテグラル リニューアル完全版 [DVD]
(2005/09/28)
ベアトリス・ダル、ジャン=ユーグ・アングラード 他

商品詳細を見る

【感想】
映像、シナリオ、音楽。ともにすばらしい。
いま観ても、まったく古さを感じさせない。
いいですねぇ。
色使いもすばらしい。
そういえば、こういったミゾオチにくる映画、久しく観てないです。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2011/04/25 13:33 】 | 2011年のお気に入り | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画『気狂いピエロ』
気狂いピエロ [DVD]気狂いピエロ [DVD]
(2002/09/27)
ジャン・ポール・ベルモンド、アンナ・カリーナ 他

商品詳細を見る

【感想】
何度観ても、この最後のオチはすばらしい。
ダイナマイトの色もいいですねぇ。


もう役者がひとり号泣しておわる映画とかはうんざり。
それと最初から切なさを売りにしている映画もゴメンです。


B級映画復活をせつに願う今日この頃であります。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2011/04/25 13:27 】 | 2011年のお気に入り | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
読書『永遠の0』
永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、一つの謎が浮かんでくる―。記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。涙を流さずにはいられない、男の絆、家族の絆。
【感想】
先日、父が亡くなった。
父は長い闘病生活に、やっと終止符をうつことができた。
読書家だった父の遺品の中から、気になって手にして読んだのが本作である。
「自分は生きて帰る」と自分の妻にいい続けていた主人公の祖父が、なぜ特攻隊で死ぬことを選んだのか?
その真相もよかったが、他に明かされる真相も小気味よい。(しかも二段、三段と用意されている)
まるで上質な推理小説を読んだあとのような読後感。
フィクションでありながら、ノンフィクション。
出会えたことが宝物のような一冊である。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2011/04/22 09:04 】 | 2011年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書『コレクター(上下巻)』
コレクター (上) (白水Uブックス (60))コレクター (上) (白水Uブックス (60))
(1984/07)
ジョン・ファウルズ

商品詳細を見る

網で捕った蝶を殺し、虫ピンで止めて飾って眺めるのを生き甲斐にしていた孤独な青年が、ある日それを美しい女に試みようと思い立ち娘を誘拐する……一面、警察の調書のように非個性的でありながら、表現力豊かな文体で描かれたサスペンス小説の傑作。
【感想】
傑作ですねぇ。
サリンジャー好きにはたまらないことでしょう。
よっぽど傾倒していたのかな?
『ライ麦畑…』がなんども作中に登場するので、おそらく間違いはないでしょう。
けれど、たんに模倣してるわけでも踏襲してるわけでもありません。
独自のスタイルで、個々の心情の描き分けはすばらしい。
たったふたりの登場人物だけど、それがゆえ緊迫するふたりの関係がよく描かれていました。
結末はすごいよぉ。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2011/04/22 08:53 】 | 2011年のお気に入り | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
読書『夜の桃』
夜の桃 (新潮文庫)夜の桃 (新潮文庫)
(2010/12)
石田 衣良

商品詳細を見る

これほどの快楽は、きっとどこか真っ暗な場所に通じている―。成功した仕事、洒落た生活、美しい妻と魅力的な愛人。全ては玩具にすぎなかった。安逸な日々を謳歌していた雅人が出会った少女のような女。いちずに自分を求めてくる彼女の、秘密の過去を知った時、雅人はすでに底知れぬ恋に陥っていた。禁断の関係ゆえに深まる性愛を究極まで描き切った、瑞々しくも濃密な恋愛小説。
【感想】
おそらく単なる官能小説にはしたくなかったのでしょうね。
文章力のあるオレ様的な筆力が、本来意図したものと違ったものにしてしまったのだと思います。
だから、重○清のドスケベ小説(渚シリーズ)のように、徹底したエロ小説にはならなかったのでしょう。
しかしひとむかし前の日活ロマンポルノ的なシナリオ運びとして見るならば、相当の出来ばえと認めざるをえない。
当時、今を名だたる巨匠たちが、競ってロマンポルノを撮っていたころのことを思い出しました。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2011/04/22 08:43 】 | 2011年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画『勝手にしやがれ』
勝手にしやがれ [DVD]勝手にしやがれ [DVD]
(2002/09/27)
ジャン・ポール・ベルモンド、ジーン・セバーグ 他

商品詳細を見る

【感想】
久しぶりに観たゴダール映画。
この映画があったおかげで、わたしの大好きなアメリカン・ニュー・シネマの流れができたんだよなぁ。今は皆無だけど。
CGとか3Dにたよりすぎの昨今の映画は、一度観たら、もう観る気が起きないけど、こういう映画は何度でも繰り返し観たくなりますね。
次回は『危狂い…』を観る予定。
【2011/04/22 08:28 】 | 2011年のお気に入り | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画『BAD BOYS1,2』
バッドボーイズ コレクターズ・エディション [DVD]バッドボーイズ コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/06/03)
マーティン・ローレンス、ティア・レオーニ 他

商品詳細を見る

バッドボーイズ 2 バッド [DVD]バッドボーイズ 2 バッド [DVD]
(2009/06/03)
マーティン・ローレンス、ジョー・パントリアーノ 他

商品詳細を見る

【感想】
『リーサルウエポン』と被ってるっちゃー、被ってるんだけど……。
いいんじゃね?これはこれで。
ノリはいいし、テンポもあるし。
まあ、シリーズ化はきびしいかもしれないけど。
続編でとめておいたのは賢明でしょう。パート2でおもいっきりジャッキー・チェン映画パクっちゃってるし。
つーか、そういうパロディー映画目的で製作してもいいかもね。
たぶん今のこの二人は絶対に出演しないだろうけど。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2011/04/22 08:14 】 | 2011年のお気に入り | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画『失われた週末』
失われた週末 [DVD]失われた週末 [DVD]
(2004/10/27)
レイ・ミランド、ジェーン・ワイマン 他

商品詳細を見る

【感想】
酒は恐ろしいですねぇ。
それなのにやめることができないって、まるでわたしはこの主人公のよう。
まあ映画観てやめられるようならば、この世にアル中なんていなくなりますよ。
けれどさすが『酒とバラの日々』観た翌日は、節制した記憶がある。
さて、今夜はどうなることやら……。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2011/04/01 08:35 】 | 2011年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。