スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
読書『カンナ 戸隠の殺皆』
カンナ 戸隠の殺皆 (講談社ノベルス)カンナ 戸隠の殺皆 (講談社ノベルス)
(2010/02/05)
高田 崇史

商品詳細を見る

天照大神伝説の恐るべき陰謀に迫る第5弾!
諒司が残した言葉をたよりに甲斐は貴湖らと長野・戸隠にある隠岩戸宮を訪れ、宮司たちの世話になる。片や甲斐の婚約者・聡美の祖父である鍬次郎も密かに社伝の行方を追わせていた。甲斐は何者かに襲われて突然姿を消した宮司らを捜すうち、天照大神の天岩戸伝説にかかわる重大な瑕疵に思い至り、虚実を暴く。
【感想】
シリーズ物なのに、いきなり途中から読んでしまった。
けれど流れは単純なので、なんとなくついていけた。
てっとりばやくいってしまえば、歴史物の新解釈。
鯨統一郎の『邪馬台国はどこですか?』が好きならハマることは間違いないでしょう。
最初から読んでみようかなぁ。
といっても、これを読んで戸隠旅行が楽しみになったかというと、ぜんぜん。といった感じ。
けれど先に読んだ半村良の『戸隠伝説』と合わせて読むと、ある意味楽しさ倍増。この読み方はオススメです。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2010/10/31 12:46 】 | 2010年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書『10月はたそがれの国』
10月はたそがれの国 (創元SF文庫)10月はたそがれの国 (創元SF文庫)
(1965/12)
レイ・ブラッドベリ

商品詳細を見る

ポオの衣鉢をつぐ幻想文学の第一人者、SFの抒情詩人ブラッドベリの名声を確立した処女短編集「闇のカーニバル」全編に、新たに五つの新作を加えた珠玉の作品集。後期のSFファンタジーを中心とした短編とは異なり、ここには怪異と幻想と夢魔の世界がなまなましく息づいている。ジョー・マグナイニの挿絵十二枚を付す決定版。
【感想】
この時期の読むにはパーフェクトタイムだと思って手にしたのだけど、あんま10月は関係ありませんでした。
まあ幻想的で、ちょっと怖い話のオンパレードなので、ハロウィンの時期に読むにはぴったりです。
挿絵も怖~いよぉ。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2010/10/29 10:24 】 | 2010年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書『ティク・ナット・ハンの般若心経』
f45aa1909fa0f9e0e51fe110_L__SL500_AA300_.jpg
ティク・ナット・ハンの般若心経
【感想】
こんなすばらしい本が廃盤になる理由がわからない。
モノの役にも立たない本が横行するなか、大切なものをどんどんないがしろにする出版業界は落ち目になってあたりまえ。
よいものを残す努力もしないで、新しいものばかりを血眼になって探しているから、世界から置いてきぼりをくらうのだ。
こうなったら電子書籍を大歓迎する。
是非、復刻版を!

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2010/10/26 09:59 】 | 2010年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書『戸隠伝説』
戸隠伝説 (河出文庫)戸隠伝説 (河出文庫)
(2007/05)
半村 良

商品詳細を見る

作家水戸宗衛の助手をする井上昭が偶然に出会った謎の美女ユミは、戸隠に祀られた古代の神につらなる家系の娘だった。ユミとつきあい始めてから井上は奇妙な感覚にとらわれはじめ、水戸は自分の書く小説『戸隠伝説』をめぐり敵に襲われる。虚実の境が消え、古代の神々の壮絶な戦いがはじまる。壮大なる伝奇ロマン。
【感想】
戸隠神社に行くことにした。
旅行の前に、戸隠の本を読んでみようと探した。
内田康○の『戸隠伝説殺人事件』は戸隠の伝説とは、なんの関係もなさそうなので却下。
となると歴史物ミステリで信頼のおける、高田崇史ならばどうだろうか?
ある。あるではないか。『カンナ 戸隠の殺皆』
でもこれって、シリーズ物かぁ。しかも第5弾って……。
ということで、半村良の戸隠伝説を読んだ。
戸隠旅行に参考になりそうなことは、なんにも書かれていなかったけど(だってほとんど空相上の物語なんだもん)、単純におもしろかった。
だって弥生時代の神と縄文時代の神が戦ってるんだよ。兵士は土偶だし。笑える。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2010/10/20 12:12 】 | 2010年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ『センセイの鞄2』
センセイの鞄 2 (アクションコミックス)センセイの鞄 2 (アクションコミックス)
(2010/02/27)
画・谷口 ジロー 作・川上 弘美

商品詳細を見る

【感想】
弘美ちゃん、大絶賛!
さすが世界のタニグチ!
めっちゃいいです。
川上弘美ワールドをよくここまで再現できたものです。
巻末の谷口ジロー氏と弘美ちゃんの対談は必読ですよぉ。
あらためて、谷口氏のすごさに感動しました。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2010/10/18 10:56 】 | 2010年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画『ランボー』祭
ランボー [DVD]ランボー [DVD]
(2004/06/25)
シルヴェスター・スタローンリチャード・クレンナ

商品詳細を見る


ランボー/怒りの脱出 [DVD]ランボー/怒りの脱出 [DVD]
(2004/06/25)
シルヴェスター・スタローンリチャード・クレンナ

商品詳細を見る


ランボー3/怒りのアフガン [DVD]ランボー3/怒りのアフガン [DVD]
(2004/06/25)
シルヴェスター・スタローンリチャード・クレンナ

商品詳細を見る


ランボー 最後の戦場 [DVD]ランボー 最後の戦場 [DVD]
(2010/02/17)
シルベスター・スタローンジュリー・ベンツ

商品詳細を見る

【感想】
シルヴェスター・スタローンというスターが出てなければ、単なるナルシスト系B級映画。
けれど毎回突っ込みどころを入れてくれる彼は、ある意味映画ファンを喜ばせるツボを知っている。
戦争もので、ここまで掟破りなことしたらアカンて。
ジャングルや砂漠で裸体は、戦士としてアカンて。
けれど、ジョン・ランボーがすると、すべて許される。
さすがというしか言葉が見つからない。


さて、もうすぐ公開の『エクスペンダブルズ』(The Expendables)であるが、上記したような意味で期待している。
当然B級映画ファンのツボをくすぐってくれることは間違いなし。
ちなみにExpendableとは『ランボー/怒りの脱出』で、ランボーが自分を指していうセリフにある。そうそう、ボートの上で、案内役の女性に照れくさそうにいうシーン。確か日本語訳では「捨て石」と訳されていたっけ。
よっぽどそのセリフが気にいってたんでしょうねぇ。
それがゆえの今回のタイトルです。(もちろん聞いたわけではないですけど)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/10/13 09:47 】 | 2010年のお気に入り | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画『ロッキー』修行
ロッキー (特別編) [DVD]ロッキー (特別編) [DVD]
(2007/03/23)
シルベスター・スタローンバート・ヤング

商品詳細を見る

ロッキー2 [DVD]ロッキー2 [DVD]
(2007/03/23)
シルベスター・スタローンカール・ウェザース

商品詳細を見る

ロッキー3 [DVD]ロッキー3 [DVD]
(2007/03/23)
シルベスター・スタローンカール・ウェザース

商品詳細を見る

ロッキー4 [DVD]ロッキー4 [DVD]
(2007/03/23)
シルベスター・スタローンドルフ・ラングレン

商品詳細を見る

ロッキー5 [DVD]ロッキー5 [DVD]
(2007/03/23)
シルベスター・スタローンカール・ウェザース

商品詳細を見る

ロッキー・ザ・ファイナル(特別編) [DVD]ロッキー・ザ・ファイナル(特別編) [DVD]
(2008/12/05)
シルベスター・スタローンバート・ヤング

商品詳細を見る

【感想】
ぶっ続けで見た。
頭からテーマソングが鳴り止まない。
ひとつの大きな修行をやり遂げた達成感がある。
次は『ランボー』修行に移りたいと思う。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/10/10 15:16 】 | 2010年のお気に入り | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ『歩くひと』
光文社コミック叢書SIGNAL 『 歩くひと PLUS 』 THE DIRECTOR’S CUT EDITION光文社コミック叢書SIGNAL 『 歩くひと PLUS 』 THE DIRECTOR’S CUT EDITION
(2010/03/30)
谷口 ジロー

商品詳細を見る

【感想】
散歩は楽しい。
散歩が趣味になりそう。(もう既になってるけど)
今日も天気がいい。
しかもこの季節、散歩にはうってつけ。
どこ行こうかなぁ?
けれど、くれぐれも夜のプールに忍び込んで、泳ぐのはやめましょう。
オトナとしてというよりも、それは明らかに犯罪です。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2010/10/08 09:27 】 | 2010年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画『水の中のつぼみ』
水の中のつぼみ [DVD]水の中のつぼみ [DVD]
(2009/02/04)
ポーリーヌ・アキュアールアデル・ヘネル

商品詳細を見る

【感想】
久しぶりに、単館系フランス映画を観た。
ああ、フランス映画ってこんな感じだったなぁ、と妙に懐かしかった。
最近この手の映画ぜんぜん観てないなぁ。
よし、ひとりフランス映画祭でもやるかな。
ちなみに、男子が見ても、なんじゃこりゃ?的映画なので、男子にはお薦めしません。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/10/07 09:31 】 | 2010年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画『奇蹟の輝き』
奇蹟の輝き [DVD]奇蹟の輝き [DVD]
(2003/06/18)
ロビン・ウィリアムスキューバ・グッディング・Jr.

商品詳細を見る

【感想】
いつの間にか廃盤になっていた。
なにかしらの賞を獲った作品が、売られていないって……。
しかも、レンタルすらされていない。
いや~、探しました。TUTAYAを初め、タワレコや中古品を扱うDVD屋さんとか、ポスレンに至るまで。
けれどない。
amazonで見たら、新品12800円、中古で6580円は、ありえな~い!ですよね。
ヤフオクで競り落とそうとしたら、ラスト30分で、ものすごい金額がついて、え、マジ?って変な汗が出ました。
なんでこんなことになってるの?
映画になんか映ってはいけないものが映っていたとか?
ということで、VHSのレンタル品落ちを0円で買いました。(送料だけとられるやつ)
なんか世の中の仕組みって、変ですよね。
あ、映画の感想になってない。ナハッ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/10/07 09:25 】 | 2010年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ『センセイの鞄』
センセイの鞄 1 (アクションコミックス)センセイの鞄 1 (アクションコミックス)
(2009/09/30)
川上 弘美

商品詳細を見る

日本文学界の至宝・川上弘美と日本漫画界の巨匠・谷口ジローのかつてない幸福な出会い! 谷崎潤一郎賞受賞の名作を完全漫画化。「遠いようなできごとだ。センセイと過ごした日々は、あわあわと、そして色濃く、流れた。」
【感想】
天才谷口ジロー!
またもやってくれた。
映画版はある意味がっかりだったけど、これは最高にいい!
弘美ちゃんも、これには大満足のはず。
ビジュアル化は不可能と思っていた作品なだけに、天才の底知れなさを知る。
先日、『神々の山嶺』を再読でイッキ読みしたばかりなのに、またもやこれ程までに感動させられるとは。
早く第二巻が読みたい。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2010/10/02 19:41 】 | 2010年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(2) | page top↑
読書『最後の一球』
最後の一球 (文春文庫)最後の一球 (文春文庫)
(2010/07/09)
島田 荘司

商品詳細を見る

母親の自殺未遂の理由が知りたい―青年の相談に、御手洗潔はそれが悪徳金融業者からの巨額の借金であることを突き止める。裁判に訴えても敗訴は必至。さすがの御手洗も頭を抱えたが、後日、奇跡のような成り行きで借金は消滅。それは一人の天才打者と、生涯二流で終わった投手との熱い絆の賜物だった。
【感想】
島荘御大といったら、ビバ☆殺人!といったイメージが強いが、本作には殺人は出てこない。(猟奇マニアのヒト、期待しないでね。バラバラ死体とか出てこないよ)
だからヒト殺しが大好きなミステリファン向けではない。
最近このトーンが好きな島荘御大、年をとってマルくなられたのかな。
あ、でも、相変わらずのジャパンバッシングは現役です。
ただし、むかしの御手洗ファンには消化不良。
だから御手洗シリーズとしてではなく、現在の島荘を楽しんでほしい一作。
わたし的には、この本、今年のベスト本、5本の指には入りそうです。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2010/10/01 09:33 】 | 2010年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。