スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
映画193『ツォツィ』
ツォツィ プレミアム・エディション(2枚組) [DVD]ツォツィ プレミアム・エディション(2枚組) [DVD]
(2007/10/19)
プレスリー・チュエニヤハエ.テリー・ベート

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
第78回アカデミー賞外国語映画賞受賞作。
この映画、アフリカだからいいんだろうなぁ。
これがハリウッドだと、ありふれた、どこにでも転がってるスラム系映画になっちゃうんだろうね。
直球勝負の映画。わたしは好きです。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/11/30 22:46 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画192『一瞬の夢』
一瞬の夢 [DVD]一瞬の夢 [DVD]
(2003/11/07)
ワン・ホンウェイ

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
すごい才能ですね。
誰ですか、この監督?ジャ・ジャンクー?
知りませんでした。
え、ベネチア国際映画祭で『プラット・ホーム』(2000年)で最優秀アジア賞受賞。『長江哀歌(エレジー)』(2006年)金獅子賞受賞なんですかぁ?
そして本作がデビュー作ぅ?
こんな作品が1997年に作られていたんですねぇ。
あらためて、映画とはどんな絵を見せたいか?ってことで撮るものだと感じさせられました。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/11/30 22:39 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画191『グッド・シェパード』
グッド・シェパード [DVD]グッド・シェパード [DVD]
(2008/05/15)
マット・デイモン.アンジェリーナ・ジョリー.ジョン・E・タートゥーロ.アレック・ボールドウィン.タミー・ブランチャード.ビリー・クラダップ.ロバート・デ・ニーロ

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
本編長すぎ。
俳優としてはめっさ尊敬してる、ロバート・デ・ニーロ監督作品。
でも監督のセンスとしてはどうなんだろう?
冒頭の謎(写真に写ってるのは誰か)ひとつで、話を引っぱってるような映画で二時間半は長すぎる。
この手の映画に多い、時間軸をずらすことによって、話を強引に説明してる部分は、テクニックに頼りすぎているような気がしてならない。
とにかく映画全体のトーンが暗すぎ、重すぎ、それが辛い。
けして内容はわるくないんだけどね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/11/28 08:31 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画190『北極のナヌー』
北極のナヌー プレミアム・エディション [DVD]北極のナヌー プレミアム・エディション [DVD]
(2008/04/23)
ナヌー

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
ナヌーかわい杉!
弟かわうそ杉(可哀相)!
シーラ…………(セイウチって………)


みなさん、地球温暖化対策はしてますか?

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/11/27 07:11 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画189『ミッドナイトクロス』
ミッドナイトクロスミッドナイトクロス
(2008/05/23)
ジョン・トラボルタナンシー・アレン

商品詳細を見る

【評価】
このころのブライアン・デ・パルマって最高にいいよね。
この後『スカーフェイス』『アンタッチャブル』『レイジング・ケイン』『カリートの道』と、名作を次々に発表するわけだけど、ある意味それで終わってしまった感じもしないではない。
すごーく期待してるんだけど、その期待を一刀両断で断ち切ってくれちゃったりもするのが、この監督のもうひとつの魅力である。がんばれ!


せつない系映画が好きなヒトにお薦め。(邦画のように、無理やりセツナイ系じゃないので安心してね)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/11/25 16:32 】 | 2008映画 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画188『恋する人魚たち』
恋する人魚たち恋する人魚たち
(2008/10/10)
ウィノナ・ライダーシェール

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
このころのクリスティーナ・リッチって最高にいい。
このナチュラルなボケは、なかなかハリウッド女優にはできない。
まあ、今も個性的な女優ではあるんだけど、この頃に比べるとボケてないぶん……。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/11/25 16:20 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書65『復讐者の棺』
復讐者の棺 (講談社ノベルス イN- 5)復讐者の棺 (講談社ノベルス イN- 5)
(2008/08/07)
石崎 幸二

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
面白かったですぅ。
いや、内容がというよりも、相変わらずのボケとツッコミが。
ていうか、今までの沈黙はなんだったんでしょうか?前作から6年。構想を練っていたにしては長すぎる。しかも蓋を開けてみたら……
なんじゃコレ!?
手抜きかと思いました。だって連続殺人の手口が同じっていうか、登場人物の行動パターンが同じと
いうか、そもそも同じ文章の使いまわしって……やっぱ手抜きだ。
あ、でも、これって石崎氏の巧妙なギャグなので、深くは突っこめない。(一応意味があってやってることなので)
といっても、トリックは途中ですぐわかる。意外性は全くなし。
だけど、次回作が激しく読みたくなる。
でも、次が6年後となると……
火星の書店で立ち読みということになってしまうかも。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/11/21 16:38 】 | 2008読書 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画187『街のあかり』
街のあかり街のあかり
(2007/12/21)
ヤンネ・フーティアイネン.マリア・ヤンヴェンヘルミ.イルッカ・コイヴラ

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
アキ・カウリスマキの敗者三部作最終章。
今回もハラハラさせられました。
なんか三本観終わって、感じたんだけど、なんでどいつもこいつも表情ないねん!?
笑顔がないってだけじゃなく、なんでこうも無表情なの?
まあ、そこがいいっちゃーいいんだけどね。
観ていてむしょーに煙草が吸いたくなりました。(しかも巻きタバコで)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/11/20 21:49 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画186『クロッシング・ガード』
クロッシング・ガードクロッシング・ガード
(1999/12/24)
ジャック・ニコルソンデビット・モース

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
未だにつづく飲酒運転&交通事故。
この映画を観て、酒飲んで運転することは止めましょう。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/11/20 07:38 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書63、64『おいしいコーヒーのいれ方Ⅸ、Ⅹ』
おいしいコーヒーのいれ方 (9) 聞きたい言葉 (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (9) 聞きたい言葉 (集英社文庫)
(2007/06/28)
村山 由佳

商品詳細を見る


おいしいコーヒーのいれ方 (10) 夢のあとさき (集英社文庫)おいしいコーヒーのいれ方 (10) 夢のあとさき (集英社文庫)
(2008/06/26)
村山 由佳

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
☆一個は自分に。
わたしはなんて優しい読者なんだろうか。
いや、優しいというよりは、むしろ鈍感といったほうが、この場合適切か?
この作者には、いい意味でも、わるい意味でも忍耐力というものを鍛えさせられた。
「おいコー」シリーズが始まって、15年という歳月がながれた。
とりあえず1~10まで読み終えた。
ところが……
第一シーズン終了って?
つーか、まだ続くのかこの話!?(ていうか、すでに刊行されてるし)
ヒトがいいってことを、どこまで持続させられるか、こうなったら耐久レースだ。
ていうか、参加賞ぐらいくれ!村山由佳。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/11/18 16:20 】 | 2008読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ148『絶品!居酒屋グルメ』
07212670.jpg

ラズウェル細木スペシャル絶品!居酒屋グルメ (ぶんか社コミックス)ラズウェル細木スペシャル絶品!居酒屋グルメ (ぶんか社コミックス)
(2008/11/05)
ラズウェル細木

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
これ読んでも、居酒屋に行きたいって、あんま思えないなぁ。
むしろ自分で料理したくなる。
そういう意味では付録の「身近な食材で簡単激うまレシピ」は参考になった。
確かうちにサバ缶あったよなぁ。
よし今夜はサバ缶のホイル焼きで

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2008/11/18 11:34 】 | 2008マンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書62『透明人間の納屋』
透明人間の納屋 (ミステリーランド)透明人間の納屋 (ミステリーランド)
(2003/07/30)
島田 荘司

商品詳細を見る

透明人間はこの世に存在する。人間を透明にする薬もある。見えないから誰も気がつかないだけなんだ、この町にだっているよ。……学校、友人、母親、すべてに違和感をもって生きる孤独な少年、ヨウイチがただひとり心を開き信じ尊敬する真鍋さんの言葉だ。でもどうしてそんな秘密を知っているのだろうという疑問がぬぐいきれないでいるところに、不可解な誘拐事件が発生した。密室から女性が蒸発したかのように消失したのだ。透明人間による犯行だと考えると謎は氷解するのだが。
【評価】
☆☆☆☆
【感想】
ミステリーランドのシリーズは高額なので集めるのはよそうと思っていた。(もちろん加納朋子さまは別。だから『ぐるぐる猿と歌う鳥』だけは持っている)
なんせあの乙一のものでさえ、図書館本で読んだ。
だけどさぁ、北村薫センセイがミステリーランドで出した以上、もう揃えるしかないでしょ。
ということで、この本も買ってしまいました。(なんかこれからが恐い。誰のものを買えばいいんだ?まあアイツ、京極○彦はないな)
でも綾辻はどうすればいいの?一応あれは「館」シリーズとして受け止めなければならないのかなぁ?でもダリア(そんなタイトルの出版物はない)で懲りたしなぁ。


おっと、島田御大の『透明人間…』の感想だった。
…………
ていうか島田センセイ、これ子どもにはちいと難しいんでないかい?
男女の愛憎とか女の情念とかって、子どもに理解できるのかなぁ。際どい描写もあるし。
まあ、謎解き部分は初心者用という感じがして、これからミステリを読む子どもたちには入門編といったところでしょう。
けれど、真相は意外。てか、これいいのかなぁ。こんなこと書いていいのかなぁ。
島田センセイ、暗殺されないでね。って内容。
衝撃的な真相に、最後読んでいてせつないやら、恐いやら。
めっさ面白かったです。
けどなぁ……子どもに読ましていいのかなぁ?

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/11/14 14:16 】 | 2008読書 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
読書61『ラスト・ワルツ』
ラスト・ワルツ (角川文庫)ラスト・ワルツ (角川文庫)
(2005/03)
盛田 隆二

商品詳細を見る

十二年前。十八歳で上京したぼくは、十歳年上の花菜子さんと出会った。三つになる息子と二人住まいの彼女と、ぼくは少しのあいだだけ一緒に暮らしていた。そんなある晩、花菜子さんは犬の首輪をつけて帰ってきた。それはある男と他人のままつながっている証だった。そして十二年ぶりの再会。ぼくと、花菜子さんは、他人のままつながることができるのか。
『夜の果てまで』『サウダージ』に続く、恋愛三部作。
【評価】
☆☆☆☆
【感想】
純文臭がぷんぷんします。
嫌いじゃないけどね。
ちょっと解説を引用。
*盛田隆二は、本書が刊行されたときに、あるインタヴィューで、何故七〇年代を舞台にしたのかという問いに対して、適度な距離を保って心地よい関係を築く現代人の愛ではなく、“「人と人との距離がゼロ」であった時代”の愛に関心があったからだと答えている。


すばらしい!!
まさに70年代。
わたしが思うに、そんな愛をかたくなに求めた者こそ、映画『タクシードライバー』の主人公トラビス(ロバート・デ・ニーロ )ではなかったかと思う。
70年代最高!

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/11/13 20:53 】 | 2008読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書60『真夜中のタランテラ』
真夜中のタランテラ (ミステリ・フロンティア 48)真夜中のタランテラ (ミステリ・フロンティア 48)
(2008/10)
麻見 和史

商品詳細を見る

野外劇場の搬入口近くのベンチで発見された、「義足のダンサー」として有名だった桐生志摩子の奇妙な死体。現場は、彼女が自らの人生を重ねてきた、アンデルセンの童話『赤い靴』になぞらえられたような状況であった。健常だった右足は切断されて行方不明。そして彼女の左義足と、持ち主不明の謎の右義足が、彼女のトレードマークであった赤い靴を履かされ、舞台に放置されていた。まるで義足が、赤い靴の呪いで踊ったかのように----。
彼女の夫から相談を受け、義肢装具士の香坂徹と妹の奈緒、そして再生医療の研究者である鴇圭一郎は調査を開始するが、事件は予想もしない展開を見せる......。
鮎川哲也賞受賞作家による、渾身の傑作ミステリ!
【評価】
☆☆☆☆
【感想】
麻見センセイ待望の2作目は本格ミステリー!
ようやく、2作目が出版されました。
ていうか、あんたはエライ!フツーに仕事しながら、コツコツと書いてたんでしょうね。
しかも、今回はパズラーたちも納得のいく本格になってました。
そして彼のエライとことのもうひとつは、誰も描いたことのない世界に果敢に挑む姿勢でしょうね。
やり尽くされた密室ものや、作者の都合だけで嵐になったりする物語は山のようにあるけど、こういう独特の世界で描ける作家は少ないです。
今度はぜひ、再生医療を主軸としたミステリーに挑戦していただきたい。
でないと、せっかく作ったキャラがもったいないですよ。


ていうことで、今回もサインきぼ~ん。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/11/12 16:04 】 | 2008読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画185『ブレイブ・ワン』
ブレイブ・ワン 特別版ブレイブ・ワン 特別版
(2008/12/10)
テレンス・ハワード、

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
ジョディ・フォスターの演技だけ見てると、まごうことなきファイブ☆だけど……。
どうも結末が納得できない。
ニール・ジョーダン監督の映画って、こういうことがたまにある。
これでええんかい!?みたいなこと。
ジョディ・フォスターとテレンス・ハワードの演技が見ごたえあるため、引き込まれて見ていたけど、見終わってみると、なにか消化できないものが残った。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/11/10 08:00 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画184『アイアンマン』
515wjJQt2nL__SS400_.jpg

アイアンマン (ロバート・ダウニー・Jr. 主演)アイアンマン (ロバート・ダウニー・Jr. 主演)
()
不明

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
よくこの手の映画で、映像だけはかっこよくて、お話のほうがてんでダメダメの映画ってあるよね。
でも、これは大丈夫。
てか、面白かったです。
これはパート2にかなり期待できる。
だって、原作じゃ、この後主役のトニー・スタークって、アル中になっちゃうんだよね。
てことは、ロバート・ダウニー JR. は地でいけるじゃない。
なんか面白くなりそうな気がする。
でも、気になるのは、この時点で「アベンジャーズ」の話とか出していいのかなぁ。(って、アメコミに興味ないヒトはなんとことか分からないよね)
実は、隣で見ていたお年寄りのヒトも、エンドロールが終わったあとの、サミエル・L・ジャクソンに戸惑っていました。
奥さんが旦那さんに、「え、どういうこと?」「何だろうねぇ……」みたいなことになって、「???」って感じで帰って行きました。


マーベルスタジオさん、マニア向けのメッセージはやめましょう!


ていうかさ、そんなことよりさぁ、じゃあやっぱアレ、「キャプテン・アメリカ」とか作っちゃうのかなぁ。
なんかそれって、見てみたいような、見たくないような……結局、見ちゃうんだろうけど。
あ、あと、アイアンマンVSハルクも見たいです。
ていうか、実現不可能じゃないよね。
少なくともエイリアンとプレデター戦わせるより面白いと思うけど。
41YTeTIPFaL__SS400_.jpg

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/11/09 14:20 】 | 2008映画 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
映画183『Candy』
キャンディキャンディ
(2008/02/22)
ジェフリー・ラッシュヒース・レジャー

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
☆を余分につけました。
映画の内容よりも、ヒースに。
なんか、ほんとギリギリのところを演じることが多い役者さんだったんですね。
『ブロークバック…』もそうだし、遺作になった『ダークナイト』もそうだし、本作もそう。
見ていて心が痛くなりました。
みなさん、麻薬は止めましょう。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/11/04 09:29 】 | 2008映画 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画182『男はつらいよ 柴又より愛をこめて』
第36作 男はつらいよ 柴又より愛をこめて HDリマスター版第36作 男はつらいよ 柴又より愛をこめて HDリマスター版
(2008/10/29)
渥美清栗原小巻

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
「男はつらいよ」シリーズ、マンネリ化のピーク時期って感じでしょうか。
そのため、暫くするとこの映画、主役が寅さんからだんだんミツオ(吉岡君)へと移行していくようになる。
まあ、渥美さんの体力的なこともあったんでしょうけど。
でもね、マンネリはマンネリで面白いとわたしは思います。
ようは水戸黄門と同じですね。
この映画、寅さんがふられてなんぼの映画ですから。
けれど、この映画最大のお薦めポイントは、やっぱ式根島が舞台となってるところ。
あの島は最高ですよ。
わたしは過去に3回行ったことがあります。(っていうか、この前行って帰ってきたばかりです)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/11/04 09:24 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画181『秋刀魚の味』
秋刀魚の味秋刀魚の味
(2008/06/27)
岩下志麻笠智衆

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
この当時の岩下志麻が、そんなにいいオンナか?という疑問はさて置き。
結局この映画なにをやりたかったのかっていうと、最後に笠智衆の寂しい背中をやりたかっただけなんでしょうね。
でも、ソレは一度やってるしなぁ。
まあ、誰かさんのギャグじゃないけど、たとえ面白くても二回やるとスベルって、いい教訓になりました。
でも、あの笠智衆の酔っぱらった表情や演技は最高ですね。
本人は下戸でまったく飲めなかったっていうのに、ほんと素晴らしいのひと言です。
あんな表情できる役者は、わたしは他に知りません。


でも映画の内容はパワーセクハラなので、女子のみなさん、見るときはそのつもりで。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/11/04 09:14 】 | 2008映画 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
映画180『ファンタスティック・フォー 銀河の危機』
ファンタスティック・フォー:銀河の危機 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付・2枚組)ファンタスティック・フォー:銀河の危機 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付・2枚組)
(2008/02/02)
ジェシカ・アルバクリス・エヴァンス

商品詳細を見る

【評価】
☆☆
【感想】
前回よりは見られるようになったと思う。
でもさぁ……ジェシカ・アルバって、この映画だと魅力の「み」の字もないよね。まるでウル○ラマンマックスのミ○キ隊員ぐらい魅力がない。ようするに、つまんねーオンナってこと。
前作があんな程度で、なぜ見る気になったかというと、たぶんこの映画を見に行ったほとんどのヒトと理由はいっしょです。
シルバーサーファーがどんな扱いを受けているかを見たかったから。
最悪!!
だって、シルバーサーファーが心を動かされる貴重なエピソードが、魅力皆無のミズ○隊員……いやいや、ジェシカ・アルバ演じるThe Invisible Womanに惚れたからって……目が点。唖然。アゴ外れた。
バカ映画の局地ですね。
あ、でも、ほんとに前回よか良くなってるけどね。ヒューマン・トーチが。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/11/04 09:04 】 | 2008映画 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画179『メリーに首ったけ』
メリーに首ったけメリーに首ったけ
(2002/06/28)
キャメロン・ディアスベン・スティラー

商品詳細を見る

【評価】
☆☆
【感想】
初めて見たとき、笑った記憶があるんだけど、今回見たら、ひとつも面白いところがなかった。
下品、お下劣、しょせん白人同士の戯言だよね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/11/04 08:45 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。