スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
映画156『幸せの1ページ』
51kHcuoCuuL__SS500_.jpg
【評価】
☆☆☆☆
330487view001.jpg
【感想】
なにをやらしても、このヒトはすごいですね。
330487view008.jpg
コミカルな演技も出来るんです。
330487view004.jpg
天才ジョディ・フォスター。
でも、この映画の主人公は彼女ではない。
原題を見てください。
NIMというのは、このちびっこい女の子。
彼女の物語なんですよ。
久しぶりに見た冒険映画。
冒険に餓えてるヒトにへお薦め。
爽やかな気分になれますよ。
さあ、あなたもニムの島へレッツらGO!(古ッ!)
この映画を観て、今真剣にトカゲを飼おうかと思案中です。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/21 09:08 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ドラマ『実録・小野田少尉 遅すぎた帰還』
ET20050808123951328L2.jpg
【評価】
☆☆☆☆
【感想】
小野田寛郎氏本人から演技指導を受けた中村獅堂の演技は、すばらしかった。
やりすぎだった『男たちの大和』に比べたら、比較にならないぐらい良かったです。
30年間のジャングル生活。
苦労は想像することもできませんが、このドラマをとおして、ほんのちょっぴりだけわかりました。
小野田少尉に敬意こめて、( ・Θ・)ゞ敬礼!

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2008/09/21 08:55 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ドラマ『バトルスター・ギャラクティカ(シーズン1)』
Battlestar Galactica (2004): Season One (5pc)Battlestar Galactica (2004): Season One (5pc)
(2005/09/20)
Michael Stern

商品詳細を見る

【評価】

【感想】
チョー面白い!
先の読めない展開。
次になにが起こるかわからない物語。
毎回毎回、ハラハラドキドキ。
謎の置き方も、伏線の張り方も、すべてが面白い。
視聴者だけがわかる情報と、視聴者も登場人物も分からない情報も、物語への配置がお見事というしかない。
こんな面白いドラマだったんですね。
シーズン2が今週から始まったけど、これは先行きが俄然楽しみになってきました。
これってシーズン4まであるんでしょ?
いったいどうなっちゃうんだろう?

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2008/09/19 14:49 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
ドラマ『沖田総司 華麗なる暗殺者』
images.jpg
【評価】
☆☆☆
【感想】
ものすごく強引なドラマだった。
だって、近藤勇のいない新選組ってどうなの?ていうか、出演してないってだけなんだけど。
けっこう、あらゆる部分で、話を省略していた。
いちばんすごいのは、山南敬助が切腹しないで、沖田と決闘して死ぬって設定。
まあ、当時はなんでもありだったのだから、これでもいいんでしょうね。
そういえば、沖田は女だった。って映画もあったよね?

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2008/09/19 10:31 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画155『リアリズムの宿』
4_9794.jpg
リアリズムの宿リアリズムの宿
(2004/12/22)
長塚圭史山本浩司

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
ほれね。カン違いしてる。
といっても、これはゲイジュツを意識してるわけではなく、笑いをとろうとしたもの。(笑えなかったけど)
ていうか、オフビートの笑いって……何?

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/17 12:31 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画154『最愛の夏』
最愛の夏最愛の夏
(2005/03/02)
リー・カンイファン・チィウェイ

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
1999年東京国際映画祭グランプリ受賞作品。
まあ、日本人に受ける撮り方ですよね。
この頃、日本映画もやたら、この手のリアリズム追求型映画がはやってたし。(といっても、日本人はかん違いしていることが多く、リアリズムを追求するとゲイジュツだと思い違いをしてた。ま、それは現在に至るんだけどね)
それでもこの映画は、映像センスはある。
絵で見せる技術がしっかりしているので、おッ!と思うシーンがけっこうあった。
もう少しシナリオがしっかりしていたら、とてつもなくいい映画になっていたような気もするけど、これはこれでいいのかも。
ただし、『暗黒之光』っていうのが原題なのに、『最愛の夏』とつける邦題のセンスはどうなのよ?

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/17 12:22 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画153『オール・ザ・キングスメン』
オール・ザ・キングスメン コレクターズ・エディションオール・ザ・キングスメン コレクターズ・エディション
(2007/09/26)
ショーン・ペン.ジュード・ロー.アンソニー・ホプキンス.ケイト・ウィンスレット

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
ショーン・ペンの一人舞台を見ているようだった。
ていうか、ショーン・ペンじゃないと、もたないんじゃないかなぁ。
あの演説シーンはすごいです。なんか演説っていうよりも、「オレサマは役者だぁ!」みたいな演技。
むかしの映画でも、こんな感じの役柄だったのかなぁ?
オール・ザ・キングスメンオール・ザ・キングスメン
(2007/01/24)
ブロドリック・クロフォードジョン・アイアランド

商品詳細を見る

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/17 09:01 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画152『ベクシル 2077 日本鎖国』
「ベクシル-2077日本鎖国-」通常版「ベクシル-2077日本鎖国-」通常版
(2008/01/25)
谷原章介黒木メイサ

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
途中の説明シーンが眠くなった。CGアニメの人物が、べしゃりで説明してもねぇ……。
といっても、フツーに面白かったです。
ただCG慣れしてはや何年……目新しいことってそんなにない。
どうせやるなら、もっと見せてくれ!っていうのが本音かな。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/16 14:07 】 | 2008映画 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ143『よつばと 8』
よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
(2008/08/27)
あずま きよひこ

商品詳細を見る

【感想】
☆☆☆☆☆
【感想】
抱腹絶倒!

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2008/09/16 13:59 】 | 2008マンガ | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
読書52『ひなた』
ひなた (光文社文庫 (よ15-1))ひなた (光文社文庫 (よ15-1))
(2008/06/12)
吉田 修一

商品詳細を見る

新堂レイは、誰もが知っているブランド、Hの広報に就職したばかりの新卒。昨年、元同級生の大路尚純と偶然再会して付き合い始めた。尚純は一浪でまだ学生、文京区小日向の実家に家族と暮らしている。その実家に兄浩一と兄嫁の桂子が引っ越してくるという。兄嫁はファッション誌の副編集長だ。浩一には離婚しそうな友人、田辺がいる。田辺はいつも日曜の午後浩一に電話をかけてきては浩一を連れ出していく…。
【評価】
☆☆☆☆
【感想】
なんてことはない、日常によくあるカップルや夫婦のそれぞれの春夏秋冬。
盛り上がるドラマ性もなければ、ギリギリした感情もない。
それでもニンゲンは個人個人に影もあれば、ひなたもある。
そんな“ひなた”の部分で人々は付き合っているのではないかと、この本を読んで、なぜか理由もなくそう感じた。
テレビドラマが好きなヒトには、まったく不向きな小説なのでご注意を。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/09/15 15:35 】 | 2008読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
番外『DREAM TEAM』
ドリームチーム ~バルセロナ五輪 1992~ドリームチーム ~バルセロナ五輪 1992~
(2008/07/25)
マイケル・ジョーダンマジック・ジョンソン

商品詳細を見る

【感想】
北京オリンピックのときもそうだったけど、最近のアメリカチームをドリームチームと呼んでよいものかどうか?
このバルセロナでのチームこそ、まさにドリームチーム。
先日、友人に拉致されて、無理矢理渋谷のタワーレコードに連れられていかれたとき、
そこで衝動買いしてしまったのがコレ。
クー、ジョーダン、チョーかっこいい!
マジック・ジョンソンのマジック・パスを現役でみた最後の試合。
チャールズ・バークレーの雄牛の突進のようなドリブル。
もう、なにからなにまで、信じられないようなプレーの連続。
これぞドリームチームの結集!
これはわたしのお宝DVDになりました。(飾っておくし)
【2008/09/15 11:45 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画149~151『ボーン・シリーズ三本立』
ボーン・アイデンティティーボーン・アイデンティティー
(2003/06/27)
マット・デイモンフランカ・ポテンテ

商品詳細を見る


ボーン・スプレマシーボーン・スプレマシー
(2005/06/24)
マット・デイモンフランカ・ポテンテ

商品詳細を見る


ボーン・アルティメイタムボーン・アルティメイタム
(2008/03/07)
マット・デイモンデヴィッド・ストラザーン

商品詳細を見る


【総合評価】
☆☆☆☆
【感想】
一作目、発想がいい。(記憶をなくして自分が誰だか分からない。けれど……巻き込まれちゃって。みたいな?)
たったそれだけで、一本映画が撮れました的映画。
二作目、意外に売れたのでもう一回撮っちゃえ!的な乗りで撮った映画。
だから内容がない。一作目の説明に追いかけっこを付け足したような映画。
三作目、意外な展開がよかった。
二作目の最後のシーンが、「え、そんなことになってたの?」とビックリ。
最後の水中を泳ぐシーンでエンドってセンスはどうかと思うけど、全体的にバランスのいい映画だったと思う。
マット・デイモンが演じると、いかにも「ぼくはほんとに天才なんだよ」って言われてるみたいで、ちょびっと鼻につくんだけど(嫉妬です)、まあ、この映画ではそれもいいかな?と。
『オーシャン…』シリーズの、なよなよマット(わざとらしい)よりかは好きです。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/12 07:59 】 | 2008映画 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
148『カポーティ』
カポーティ コレクターズ・エディションカポーティ コレクターズ・エディション
(2007/03/16)
フィリップ・シーモア・ホフマンキャサリン・キーナー

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
アカデミー物真似根暗大賞!
似てるのか似てないのか、よく分からないけど、すごい映画だと思った。
これぐらいしっかり縦糸があると、物真似映画でも、ずいぶんといい。
そういう意味で、『エディット…』よりも評価が上になった。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/12 07:43 】 | 2008映画 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
映画147『エディット・ピアフ 愛の賛歌』
エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)
(2008/02/22)
ジェラール・ドパルデューカトリーヌ・アレグレ

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
そろそろアカデミー賞も、物真似大賞なんて賞を作ったほうがいい。
男優も女優も、いかに物真似が得意かを競う賞。
でも、いくら似てるからといって、映画の完成度としてはどうなんだろう?
そもそも物語りに深みがないから、時間軸をずらして、無理矢理感情移入させようとしているみたい。(そりゃ孤独に死んでいく老人(ピアフ)を最初に見せつけられたらねぇ)
エディット・ピアフがどういうヒトかなんて知らない。
でも、こんな描き方しかされないピアフが可哀相になった。(これだと、ただの癇癪もちのいやなオンナとしか思えない)
見ていて決して気持ちのいい映画ではありませんでした。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/10 12:46 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書51『対話篇』
対話篇 (新潮文庫 か 49-1)対話篇 (新潮文庫 か 49-1)
(2008/06/30)
金城 一紀

商品詳細を見る

孤独の淵に閉ざされた人々が、他者との「対話」によって少しずつ世界への扉を開いていく。心にやさしく響く作品集。「恋愛小説」「永遠の円環」「花」の3篇を収録。
【評価】
☆☆☆
【感想】
好きな順に挙げるとしたら、「恋愛小説」「永遠の円環」「花」だな。
ってまんまやん!
フツー逆じゃない?
まあ、そこそこよかったので『映画篇』も読んでもいいかなぁ、ぐらいには思います。
もちろん文庫化されて、その文庫本が古本屋に並んでから、たまたま見つけたから買いました的な読書方法になると思うけど。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/09/10 08:22 】 | 2008読書 | コメント(2) | トラックバック(1) | page top↑
マンガ142『人外魔境』
人外魔境 (角川ホラー文庫―ホラーコミック傑作選)人外魔境 (角川ホラー文庫―ホラーコミック傑作選)
(1999/12)
手塚 治虫小栗 虫太郎

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
小栗虫太郎の文章が分かりづらくて苦手。というヒトにお薦め。
でも、小説と比べて読むのも面白いかも。
たとえば横山光輝の「大暗黒」(小説同タイトル)で出てくる地図(117ページ)は、角川ホラー文庫の『人外魔境』138ページと139ページに載っているまんまなんだけど、若干ちがう使われ方になっている。
水木しげるの「化木人のなぞ」は小栗版では「第五類人猿」になっていたり。
松本零士の「有尾人の夢」はまったくのオリジナルで、小栗版の「有尾人(ホモ・コウダツス)」とは、全く別物の話になっている。(松本氏の方は、たんなるエロマンガ化してるのはご愛嬌。なぜならば昭和50年にプレイコミックに載ったものだから。他の作品は昭和44年の週間少年キング)


この手の話って、小説よりもマンガの方が面白いかも。
それぞれの作家の特徴がでていて、とても面白かったです。
とくに、水木氏は内容よりも絵だけで怖い。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2008/09/05 09:59 】 | 2008マンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書50『ロング・グッドバイ』
ロング・グッドバイロング・グッドバイ
(2007/03/08)
レイモンド・チャンドラー

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
ハヤカワ文庫で『長いお別れ』は読んだことがあるけど(つまりオチは知ってるけど)村上春樹が訳したものだから、読んでみる気になった。
それは『キャッチャー・イン・ザ・ライ』の成功例があるから。
だけど、はっきりいって内容は知ってるけど、清水俊二氏がどう訳したかなんて覚えているはずもなく。
だからフツーに楽しんで読んでしまった。
あとで、要所要所を比べてみると、確かに古臭い表現が新しくなっているようだ。
だからといって、清水氏の訳が劣るとは思わない。
逆にキレがあって清水訳のほうがいい箇所もあった。
村上春樹訳は、マイルドになった分読みやすくなったが、清水訳のようなハードボイルド感が薄まったような気がする。
だから『麦わら畑で…』のときのような驚きはあまりなかった。
といってもさすが春樹訳はすごい。
こんな分厚い本を、あっという間に読めてしまった。
ちなみに、
ロング・グッドバイ (角川文庫 (や31-5))ロング・グッドバイ (角川文庫 (や31-5))
(2007/11)
矢作 俊彦

商品詳細を見る

こちらは↑まったく別物なので購入の際はお間違えないように。
「LONG」が「WRONG」になってるし。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/09/04 12:45 】 | 2008読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画146『君は海を見たか』
0809_Kimihaumiwomitaka.jpg
君は海を見たか君は海を見たか
(1988/09/23)
倉本聰

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
シナリオ的には一分の隙もない。
さすがは倉本氏である。
けれど……
息子の病気が肺に転移してることを知っているはずの、父(天知茂)が、劇画タッチの顔で、息子の傍でばかばかタバコを吸うシーンって、実際どーなのよ、演出的に。
ていうかタバコ吸い杉゛!ほとんどのシーンでタバコ吸ってるし。
それじゃあダメだよ明智君。
あ、でも、このシナリオ本持ってます。
君は海を見たか―Sc´enario・1982 (1982年)君は海を見たか―Sc´enario・1982 (1982年)
(1982/10)
倉本 聡

商品詳細を見る

これ倉本 聡コレクションの29。ちなみに30は「昨日、悲別で」。そうそう天宮良がタップダンサーとしてドラマに出てたやつ。石田えりにオッパイってあだながついてたやつ。
このシリーズ全部ほしいんだけど、古本でしかもう探せないんだよなぁ。
高倉健が出演してたシナリオは全部ほしいんだけど、21の『駅STATION』しかない(泣)。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/04 08:00 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
漫画141『とりぱん 5』
とりぱん 5 (5) (ワイドKCモーニング)とりぱん 5 (5) (ワイドKCモーニング)
(2008/05/23)
とりの なん子

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
できれば、虫の話は少なめにしてほしい。
毎度表紙が美しい鳥の絵なんだけど、中身はギャグマンガです。
お買い上げの祭はご注意ください。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2008/09/03 11:01 】 | 2008マンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画145『ダークナイト』
ダークナイト(クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー出演)ダークナイト(クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー出演)
()
不明

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆+☆(←ヒースに)
【感想】
こんな風にしたら、もう後戻りはできませんね。
とにかく、今までのバッドマンは、無いものとしてこの路線で徹底するのもいいかも。
すごいです。
どーせ、アメコミって思っているヒトは損しますよ。
329605view002.jpg
この映画の主役はこの↑男ではありませんでした。
329605view009.jpg
めっさ恐いです。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/01 14:56 】 | 2008映画 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画144『ママの遺したラヴソング』
ママの遺したラヴソング スペシャル・エディションママの遺したラヴソング スペシャル・エディション
(2007/09/07)
スカーレット・ヨハンソン.ジョン・トラボルタ.ガブリエル・マクト.デボラ・カーラ・アンガー

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
爺さんトラボルタ(爺さんじゃないけど)、いいじゃん。
歳とって味がでましたね。
ストーリー的には、オチが最初から透けて見えているけど、まあ、それはそれでいいでいしょ。
でも。トラボルタ=ダンスは、もうええっちゅーねん。てか、踊らすな!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/01 08:11 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画143『スティール』
STEEL1.jpg
スティール【字幕版】スティール【字幕版】
(1998/08/07)
シャキール・オニール

商品詳細を見る

【評価】
こんな映画に出演してたんですねぇ。
シャックがフリースローが得意じゃないのは、NBAファンなら誰でも知っていること。
だからって、映画でソレやんなくてもいいと思うけど。
まあ、B級なんで笑って許してやって。
ドリームチームでオリンピックに出てたときも、シャックがフリー外しても、誰も怒るヒトなんていなかったしね。
てか、外すと皆喜んでた。(なんでやねん?)
ま、それだけアメリカ国民に愛されているんでしょうねぇ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/01 08:03 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画142『めぐり逢えたら』
「めぐり逢えたら」 コレクターズ・エディション「めぐり逢えたら」 コレクターズ・エディション
(2008/06/25)
トム・ハンクスビル・プルマン

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
婚約者が物分りが良すぎる。ってことには目をつぶってほしい。
現実的には、んなアホな?って思うようなストーリーだけど、いいじゃん映画なんだから。
ヒトが空飛んで、目から光線だしてるほうが、んなアホなでしょ。
One of my favorite movie.

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/01 07:49 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画141『ダカタ』
ガタカガタカ
(2003/11/21)
イーサン・ホークユマ・サーマン

商品詳細を見る

【評価】
イーサン・ホークとジュード・ロウ、まったく似てないだろう!ってことは、どうやら暗黙の了解?
それを踏まえて観ると、そこそこ面白い。
ていうか、個人的には、このハラハラするのは好きではない。
ええ、どうなっちゃうのぉ?ってドキドキするのが好きなヒトにお薦め。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/09/01 07:43 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。