スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
マンガ74『騙す人と騙される人のちょっとの違い』
騙す人と騙される人のちょっとの違い―コミック詐欺事件白書騙す人と騙される人のちょっとの違い―コミック詐欺事件白書
(2006/05)
坂口 拓史SOW企画

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
あんまり気もちのいいものではありませんよ。
だって、詐欺の手口がけっこう細かく書かれてありますからね。
いくらマンガとはいえ、けっこうきついです、この手のノンフィクションは。
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2008/05/31 16:58 】 | 2008マンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ73『チーズ スイート ホーム5』
チーズスイートホーム 5 (5) (KCデラックス)チーズスイートホーム 5 (5) (KCデラックス)
(2008/04/23)
こなみ かなた

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
ぽんぽんらー!
コレ、平日の朝、テレビでやってるのね?
知りませんでした。
今度見てみよう。
って、ぜんぜん感想になってませんね。
ま、ネコ好きにははまる要素てんこ盛りなので、面白いと思いますよ。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2008/05/31 11:37 】 | 2008マンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画69『ランボー 最後の戦場』
327928view005.jpg

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
劇場で、あの「ランボー」のテーマソングが聴けてうれしかった。
噂どおりの残酷シーンのオンパレードは、たいして気にならなかった。
それよりも、なんか映画……短ッ!って感じ。
やっぱ、シルベスター・スタローンの説教がないと、映画って、こんなに早く終わるものなのね。
今回の「ロッキー」でトーク(説教=個人的文句)しすぎたからかなぁ?
ほんとセリフ少なかったです。
最初は寡黙で、最後に吠えて演説っちゃうのがカレの売りなのに。
でも、派手に殺しまくりましたねぇ。
あれじゃ、いくらアメリカが支援したいっていっても、かたくなに断るはずだよ。
ひょっとして今の現状って、カレの映画のせい?
でも、個人的には好きな映画です。
だって、あの歳で、誰があんなにジャングルのなか駆け回れます?
はっきりいって尊敬します。(日本の団塊の世代には、これができるヒトってひとりもいないでしょう。断言!あ、ソニー千葉がいるか?)
シリーズ初の裸体にならないランボー。Good!でした。
327928view006.jpg

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/30 14:46 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ドラマ『本当と嘘とテキーラ』
story_pic.jpg

山田太一ドラマスペシャル(テレビ東京)を観た。
前回観たのはタヌQさんが録画してくれた『星ひとつの夜』。
あれはよかった。
そして、今回もかぎりなく☆が5に近い4。
いやぁ、よかったです。
いちばん良かったのは、山崎努。
おいしいなぁ、いいとこ全部どり。
詳しくは↓↓↓。
山田太一ドラマスペシャルⅤ/本当と嘘とテキーラ

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2008/05/30 08:19 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画68『Gガール 破壊的な彼女』
Gガール 破壊的な彼女 (出演 ユマ・サーマン)Gガール 破壊的な彼女 (出演 ユマ・サーマン)
(2007/07/06)
ユマ・サーマン

商品詳細を見る

【評価】
☆☆
【感想】
『ゴーストライダー』よりも、スーパーヒーローの苦悩がしっかり描かれているけど……。
結局おバカ映画。
笑いのツボを外しているところは、日本のテレビドラマ的。(ベッドのシーンはひとつも面白くない)
ていうか、これオフザケなくしたら、かなり危ない映画でしょ。
ユマ・サーマンの演じているような女、実際そこら辺にいるし。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/30 08:06 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ72『ふくよも』
fbe831e29fa0fa0ce29a9110__AA240__L.jpg

ふくよも 1 (1) (コミホリコミックス)ふくよも 1 (1) (コミホリコミックス)
(2008/04)
幌倉 さと

商品詳細を見る

【評価】

【感想】
これ読んで、つまんない、そう思うヒトはそうとうココロがゆがんでます。
#01「大福とよもぎちゃん」で、いいなぁ、そう思ったヒトは正常です。
余談ですが、あのパンダのなかには宇多田ヒカルがはいっています。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2008/05/29 13:09 】 | 2008マンガ | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
読書27『先生と僕』
先生と僕先生と僕
(2007/12)
坂木 司

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
坂木司氏全作品読んだなかで、もっともがっかりした作品。
といっても、面白くないわけではない。
キャラ設定があまり好きではないという意味。
臆病者の大学生男子に、頭脳明晰な中1男子のコンビっていう設定が面白くない。
大学生にもなって、女子よりひ弱な男っていうのが、そもそもわざとらしすぎる。


一話ごとに、ミステリ本の紹介があるので、そこで紹介された本と一緒に読むと楽しいかも。
ただし、第一話の江戸川乱歩の『押絵と旅する男』(←この作品は個人的に好き。美しく幻想的な作品です)は、まったくストーリーと絡みなし。
そして、第五話が終わって、意味もなく一ページぶち抜きで、
「あ、そうそう。まだ先の話だろうけど、卒論を書く前に『六の宮の姫君』を読んでおいた方がいいと思うよ」
と、あるが、『先生と僕』とは比べることのできない傑作なので、わたしもこれは薦めます。(卒論が迫ってないヒトにも)
もちろん、芥川龍之介のほうではなく、
六の宮の姫君 (創元推理文庫)六の宮の姫君 (創元推理文庫)
(1999/06)
北村 薫

商品詳細を見る

こちら↑のほうで。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/05/29 11:35 】 | 2008読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画67『ゴースト・ライダー』
ゴーストライダー デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)ゴーストライダー デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)
(2008/06/04)
エヴァ・メンデスニコラス・ケイジ

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
かっこいい。
といってもニコラス・ケイジがではなく、映像が。
内容は、ハイハイって感じ。
ひょっとして次もあるの?

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/27 13:51 】 | 2008映画 | コメント(9) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ71『エリオットひとりあそび』
エリオットひとりあそび (ハヤカワ文庫 JA (688))エリオットひとりあそび (ハヤカワ文庫 JA (688))
(2002/01)
水樹 和佳子

商品詳細を見る

【評価】
☆☆
【感想】
いや、けっしてわるくはないんだけど……。
読んでいて、めっさ恥ずかしい。
よくこんな風に描けるな、とちがった意味で感心しました。(男子が読んだらキレるかも)
やはり、このヒトにはSF専門でお願いしたい。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2008/05/26 17:20 】 | 2008マンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書26『戸村飯店 青春100連発』
戸村飯店青春100連発戸村飯店青春100連発
(2008/03/20)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る

大阪の下町にある中華料理店・戸村飯店。この店の息子たちは、性格も外見も正反対で仲が悪い。高3の長男・ヘイスケは、昔から要領が良く、頭もいいイケメン。しかし地元の空気が苦手で、高校卒業後は東京の専門学校に通う準備をしていた。一方、高2の次男・コウスケは勉強が苦手。単純でやや短気だが、誰からも愛される明朗快活な野球部員。近所に住む同級生・岡野に思いを寄せながら、卒業後は店を継ぐつもりでいた。
春になり、東京に出てきたヘイスケは、カフェでバイトをしながら新生活をはじめる。一方コウスケは、最後の高校生活を謳歌するため、部活引退後も合唱祭の指揮者に立候補したり、岡野のことを考えたり、忙しい日々を送っていた。ところが冬のある日、コウスケの人生を左右する大問題が現れて……。
【評価】
☆☆☆☆
【感想】
わろたわろた。
マジうける!
前回の『温室デイズ』は、いままでにない(まいこ本としては)暗さがあったけど、今回はその真逆をいっている。
兄貴の章のほうがよりいっそう笑えました。
嗚呼、楽しかった。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/05/23 13:54 】 | 2008読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書25『処刑宣告』
処刑宣告 (二見文庫―ザ・ミステリコレクション)処刑宣告 (二見文庫―ザ・ミステリコレクション)
(2005/02)
ローレンス ブロック

商品詳細を見る

新聞の有名コラムニストに届けられた匿名の投書。それは、法では裁けぬ“悪人”たちを“ウィル=人々の意志”の名のもとに処刑する、という殺人予告状だった。はたしてロビイストやマフィアの首領が次々と殺害されてゆく。スカダーは、次のターゲットとしてウィルの処刑宣告を受けた弁護士から身辺警護を依頼された。だが対策を練ったにもかかわらず殺人は実行されてしまう…。ニューヨークを震撼させる連続予告殺人の謎にスカダーが挑む。CWAダイアモンド・ダガー賞受賞。
【評価】
☆☆☆
【感想】
「マット・スカダー」シリーズ13作目。
優れたミステリではあるのだけど……
ものたりない。
前作の『死者の長い列』からだろうか?
とにかく、スカダーがエレインと結婚してから、このシリーズは単なるミステリになってしまった。
以前のような、哲学的ハードボイルドの影はもうない。
一杯の酒を飲むか飲まないか?
酒場に入るか入らないか?
そんなことで悩んでいたスカダーが懐かしい。


さて、わたしは今日で禁酒4日目。
今夜、飲むべきか……それとも……。
to be or not to be...

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/05/22 13:18 】 | 2008読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ64~70『イティハーサ』
イティハーサ 全7巻イティハーサ 全7巻
(2003/11/15)
水樹 和佳子

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆☆
【感想】
いやはや、参りました。
少女マンガの枠で描かれているのが非常に惜しい。
最初からSF媒体の雑誌向けに描いてほしかった。
しかし、10余年の年月をかけただけのことはあって、手抜きのないこの仕事には脱帽である。
イッキ読みしてしまうのがもったいない作品でした。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2008/05/22 08:48 】 | 2008マンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画66『ホリデイ』
ホリデイ (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第2弾)ホリデイ (ユニバーサル・ザ・ベスト2008年第2弾)
(2008/06/12)
キャメロン・ディアス.ケイト・ウィンスレット.ジュード・ロウ.ジャック・ブラック

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
王様と乞食はよく使われる下敷きだけど、家を交換するってアイディアはなかなか面白いと思う。
無論、映画的ハーッピーエンドで、あとから考えてみると、んなアホな!とも思ってしまうんだけど。
二つの話が交互に進行しているので、二時間以上ある映画でも、それほどきつくはなかった。
てことは、おもしろいってことだよね。
誰がよかったか?と訊かれると、べつに誰も。としか答えられないのだけれど。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/21 19:42 】 | 2008映画 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画65『300』
300 <スリーハンドレッド>(Blu-ray Disc)300 <スリーハンドレッド>(Blu-ray Disc)
(2007/09/26)
ジェラルド・バトラー.レナ・ヘディー.デイビッド・ウェナム

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
この監督が『WATCHMEN』を撮るというので、観てみた。
お話は、ハイハイなるほどね。って感じ。
最近はやりの、エネミーはグロテスクであれば殺戮はオッケー的な考えが、安直で嫌いだ。
『ロード・オブ・ザ・リング』から、それが顕著になってきたいるみたい。
結局ヒト殺しをした時点で、どんなに正当性をつけてみてみ、ヒト殺しには変わりがないのにね。
といっても、この映像は迫力満点。
この技術で『WATCHMEN』を、どうとるのかはけっこう楽しみ。
といっても、ここまで派手なアクションって、あのマンガにあるのかな?
でも、さっきオフィシャルサイトを覗いてみたら、かっこよかったです。
コメディアンがそっくり。
詳しくは【WATCHMEN/Offical Site】←ここ。
ComedianFull-thumb.jpg

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/20 14:02 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画64『ゴーヤーちゃんぷるー』
ゴーヤーちゃんぷるーゴーヤーちゃんぷるー
(2008/01/09)
風吹ジュン、多部未華子 他

商品詳細を見る

【評価】

【感想】
西表島がどのようにいかされているのか、興味を持って観たけれど……。
まったく生かされていないし、それ以前にお話がステロタイプで、全体のトーンが暗すぎる。
無駄なシーンが多すぎて、まったく感情移入ができませんでした。
とくに、メル友との交流はまったくもって作者の都合上登場した人物で、そのあからさまぶりに仰天してしまった。
あと、中途半端な方言指導をするなら、最初から方言度外視で撮ってほしい。
方言が上手い役者と、そうでない役者を同時に映画で使うのは、観るに耐えない。
まあ、この映画にかぎったことではないけれど。
それにしても、このセンスのないタイトルはなんなんでしょうか?
原作の「まぶらいの島」では、どうしていけなかったのでしょうか?
結局辛くなって、最後のほうは早送りで観てしまいました。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/18 10:39 】 | 2008映画 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画63『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 スペシャル・エディションメルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 スペシャル・エディション
(2006/09/08)
トミー・リー・ジョーンズ

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆☆
【感想】
トミリー・ジョーンズの魅力爆発!
監督としても素晴らしいということが分かる貴重な作品。
これぐらい枯れて味がでる役者っていいよね。
『ノー・カントリー』でもいい味だしてたし。
やっぱハーバード出の秀才は、なにをやってもすごいんですね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/16 11:45 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画62『コベナント 幻魔降臨』
レニー・ハーリン コベナント 幻魔降臨レニー・ハーリン コベナント 幻魔降臨
(2008/02/20)
スティーヴン・ストレイト、ローラ・ラムジー 他

商品詳細を見る

【評価】
☆☆
【感想】
ま、『クリフハンガー』のレニー・ハーリンだからね。(ってどういう意味やねん?)
ていうか、これ続編ありそうな雰囲気で終わってるけど、いや、もういいって。
ていうか、不自然なぐらい鍛えあげた体の高校生が、高級車乗り回して、女子にモテモテってシチュエーションだけで、もう終わってる映画なんだから。
あ、でもそれが目的で観に行くオンナもいるなぁ。ヤツとか。(誰だ!?)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/16 07:53 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画61『北京原人の逆襲』
北京原人の逆襲北京原人の逆襲
(2004/10/06)
ダニー・リー

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆☆
【感想】
おバカすぎて、どうしてくれよう?って感じの映画。
突っこみどころがありすぎて、この映画の話題を肴に三時間は飲める。
衝撃的なラストは『キングコング』なんて目じゃない。
なんてったって、民間人をネゴシエーションに向かわせて、軍隊が民間人もろとも総攻撃って……。
開いた口がふさがりません。
たぶん当時の香港は中国返還前だったので、イギリス人に対しての想いが映画に出ているんでしょうかね?
とにかく、突っこみに餓えているヒトにぜひお薦め。
まちがっても、
北京原人 Who are you?北京原人 Who are you?
(2005/12/09)
緒形直人

商品詳細を見る

こちら↑ではないのでお間違いのないように。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/15 12:51 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画60『不都合な真実』
不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション
(2007/07/06)
ドキュメンタリー映画

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
最後のタイトルロールで「この映画をたくさんのヒトに勧めてください」と流れたので、お薦めします。
地球温暖化について、できることから始めたいと思いました。
といっても、買物にはエコバッグ持っていってるし、ゴミも必要以上に分別してるし、夏場はエアコン使ってないし、他にどうせっちゅーの?
まあ、2012年にはポールシフトだかパラダイムシフトだか、フォトンベルトだかがあって、ほとんどのニンゲンがこの世では生きていけなくなるらしいから、今おたおたしても始まらないっていう考えもあるんだけどね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/15 12:41 】 | 2008映画 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画59『パフューム ある人殺しの物語』
PERFUME:THE STORY OF A MURDERERPERFUME:THE STORY OF A MURDERER
(2008/04/04)
レイチェル・ハード=ウッド、アラン・リックマン 他

商品詳細を見る

【評価】
おバカすぎてできません。
【感想】
ワンアイディアで、どんだけ長い映画つくってんの?
ていうか、お話になりません。
最後の問題のシーンなんて、盛り上がらないシーンを無理やり音楽で盛り上げて、しかもよくこんな稚拙なアイディアを真剣に映像化したなぁと、逆に感心してしまう。
今世紀最大のバカ映画といってしまっても過言ではない。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/14 11:41 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画58『GOAL!2』
GOAL!2 STEP2 ヨーロッパ・チャンピオンへの挑戦 スタンダード・エディションGOAL!2 STEP2 ヨーロッパ・チャンピオンへの挑戦 スタンダード・エディション
(2007/10/26)
クノ・ベッカー

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
え、この映画って、まだ続くんですか?
そりゃそうだよね。
最後に主役がゴールをキメるんじゃなくって、ベッカムがゴールキメて映画終わってるもん。
ま、ベッカムファンにとっては、たまらないのでしょうけど。
わたしはむしろジダンの頭突きで映画を終わらせてほしかった。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/14 08:01 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画57『ブラッド・ダイヤモンド』
ブラッド・ダイヤモンド (期間限定版)ブラッド・ダイヤモンド (期間限定版)
(2007/09/07)
レオナルド・ディカプリオ. ジャイモン・フンスー. ジェニファー・コネリー. カギソ・クイパーズ. アーノルド・ボスロー

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
ジェニファー・コネリーがディカプリオを好きになる気もちの流れがいまいちわからない。
結局それって同情?
まあ、それはさておいて、なかなかよかったです。
とくに、いつもおなかいっぱいのディカプリオの演技が、今回は自然に見ることができました。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/13 15:38 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画56『スペースカウボーイ』
スペースカウボーイ 特別版スペースカウボーイ 特別版
(2005/09/30)
クリント・イーストウッド、トミー・リー・ジョーンズ 他

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
以前は、なにか物足りないというか、決定的なことが描かれてないというか、前半が(宇宙に行くまでが)長すぎるため、後半が端折られて薄味になってしまったとか、いろいろ思ったけど……。
いいんじゃない、これで。
たぶん日本人が監督したら、むっちゃ気もちのわるい映画になっていることでしょう。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/13 15:31 】 | 2008映画 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画55『2010年』
2010年2010年
(2007/11/02)
ロイ・シャイダー、ジョン・リスゴー 他

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
『2001年…』の続編として見るとおバカな映画だけど、そうではなくコレ単体の映画として考えると、いろいろ凝ったことをやっているように思う。
といっても内容はおバカなことに変わりはないんだけど。
それにしても、現実的にはもうすぐ2010年になろうとしているのに、ハイテクの宇宙船のモニターがブラウン管って…………。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/13 15:24 】 | 2008映画 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画54『unknown』
unknown/アンノウンunknown/アンノウン
(2007/07/04)
ジム・カヴィーゼル、グレッグ・キニア 他

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
なんといってもこの映画、短さがいい。
やっぱ90分に満たない映画って楽でいい。
この短さのなかに、やりたいことを凝縮するんだから、面白くないわけがない。
ミステリーファン必見。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/13 07:41 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書25『てのひらの迷路』
てのひらの迷路 (講談社文庫 い 101-3)てのひらの迷路 (講談社文庫 い 101-3)
(2007/12)
石田 衣良

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
読むのやめようかなぁ。と書いておきながら、また読んでしまった。
仕方がない。
だって、先日古本屋でまとめて買ってしまったんだもん。
あ、でも『東京…』に比べたら、けっこうおもしろかったです。
『池袋ウエスト…』の締切前に、前半の42枚を不注意により削除してしまい、あまりの衝撃のためにマンションの廊下に倒れていたなんてエピソードには、爆笑しました。
あるあるある。みたいな。
実際わたしの場合、PCが壊れて200枚消えたときは、本気で自殺しそうになりましたからね。
といっても、本の内容は明日にはすっかり覚えていないことでしょう。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/05/12 14:59 】 | 2008読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画53『千年女優』
千年女優千年女優
(2003/02/25)
荘司美代子、小山茉美 他

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
以前観た『パプリカ』を監督した作品で2001年のもの。
このヒトの持ち味が生きている作品だと思った。(今敏ワールドです)
しかし、よくこんなこと考えつくよなぁ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/12 07:58 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画52『ミーン・ストリート』
ミーン・ストリートミーン・ストリート
(2004/10/29)
ロバート・デ・ニーロ、ハーベイ・カイテル 他

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
やっぱスコセッシは、こういうB級映画がいい。
大作をつくるのはもうやめにして、ぜひこちら側のワールドにもどってきてほしい。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/12 07:51 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画51『スキャナー・ダークリー』
スキャナー・ダークリー 特別版スキャナー・ダークリー 特別版
(2007/12/07)
キアヌ・リーブス、ウィノナ・ライダー 他

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
実写映像にデジタルペインティングする意味ってあるの?
なんか目が疲れました。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/05/12 07:48 】 | 2008映画 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
読書24『東京DOLL』
東京DOLL (講談社文庫)東京DOLL (講談社文庫)
(2007/08/11)
石田 衣良

商品詳細を見る

【評価】
☆☆
【感想】
『秋葉原@DEEP』でおなかいっぱいだったのに、さらに最悪なキャラで、もう一本書いちゃいました。みたいな内容。
優秀で金持ちで、しかもモテモテの男の話ってどうなのよ?
それでもって、その男に「わたしを人形のように扱って」という女もどうなのよ?
なんかドラマ化を意識した、石田イライラの描写もめっさ腹が立つ。(最後のボートのシーンとか)
もう、イライラするからこのヒトの本読むのやめようかなぁ。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/05/12 07:43 】 | 2008読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。