スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
映画47『ペルマネンシア:この国にとどまって』
PERMANENCIA_240.jpg

【評価】
☆☆☆
【感想】
HELLIO ISHII(エリオ・イシイ)による、ブラジル移民の偽りのないナマの声を収録したドキュメンタリー映画である。
朝のニュースでブラジル移民100年祭と、小さく取り扱われていたけど、彼らが現在どういう思いで、どのような生活をしているかなんてことは、てんで判らない。
歴史の授業でも教えてはくれない。
そういう意味で、貴重な映像だったと思う。
この映画を観にきていた観客の90%はカソリックのシスターばかりだった。
日本全体で0.4%しかいないキリスト教信者のしかも、そのごく一部のシスターたちだけというのがさみしかった。
日本人が無意識のうちにもっている差別意識を考えさせられる映画なので、本来この映画は自分のことにしか関心のない仏教徒にこそ観ていただきたいものだ。と思った。

ポルトガル語が分かるヒトに朗報。
エリオ・イシイBlog】←You Tubeの映像もあるよ。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/04/28 10:11 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ60『コーヒーもう一杯Ⅳ』
コーヒーもう一杯 IV (ビームコミックス)コーヒーもう一杯 IV (ビームコミックス)
(2008/03/24)
山川 直人

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆☆
【感想】
このマンガが切っ掛けとなって始めたことがある。
いつもはペーパードリップでも、休日の日の朝はネルでコーヒーを淹れることだ。
このマンガを読むと、夜にコーヒーを淹れたくなる。
だから朝読むことにしている。(だって、夜は酒がメインだから)
実は『コーヒーもう一杯』のⅠとⅡは持っている。
しかも、それはトイレの窓際の棚に置いてある。(理由は訊かないで)
ⅢとⅣも欲しいんだけど、お金持ちになったら購入することにしている。
だから、今回このマンガは借りて読んだ。(無論、トイレで。というのはウソである)

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2008/04/25 13:22 】 | 2008マンガ | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ59『オトノハコ』
オトノハコ (KCデラックス)オトノハコ (KCデラックス)
(2008/03/31)
岩岡 ヒサエ

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
荒木氏のあとに読んだので、こんな評価になってしまった。
けれど、これはかなり面白いマンガだと思う。
グダグダ度合いのマンガとしては、傑作といってもいいだろう。
ラストの落としどころは、もはや確信犯。
しかし、いつも感心するのは、こういうマンガを探し出す能力である。
どうやって見つけるんだろう?
とうぜん、『土星マンション』も買っていることだろうから、今度借りて読もうっと。
あ、10月発売の『ねこみち』もね。
て、わたしはいったい誰に話しているんだ?

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2008/04/25 12:31 】 | 2008マンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ58『死刑執行中脱獄進行中』
死刑執行中脱獄進行中―荒木飛呂彦短編集 (SCオールマン愛蔵版)死刑執行中脱獄進行中―荒木飛呂彦短編集 (SCオールマン愛蔵版)
(1999/11)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
やっぱ、荒木氏のマンガにはドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドという擬音が描かれていないとね。
ワールドですね。
でも、朝から読まないほうがいいです。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2008/04/24 15:51 】 | 2008マンガ | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画46『今宵、フィッツジェラルド劇場で』
今宵、フィッツジェラルド劇場で今宵、フィッツジェラルド劇場で
(2007/07/27)
ロバート・アルトマン

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
最初のうちは、ウッディー・アレンぽい映画かなぁ、と思って見ていたら、いやいやどんどん引き込まれ、最後には静かな感動がありました。
ていうか、ウッディー・ハレルソンはやっぱ最高!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/04/24 15:47 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ57『魔少年ビーティー』
魔少年ビーティー (少年ジャンプコミックス)魔少年ビーティー (少年ジャンプコミックス)
(2000)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る

【評価】
☆☆
【感想】
レアすぎてついていけません。
ていうか、荒木 飛呂彦氏って今何歳?
だってコレ20年以上も前に描いてんでしょ?

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2008/04/23 12:35 】 | 2008マンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画45『幸せのちから』
幸せのちから コレクターズ・エディション幸せのちから コレクターズ・エディション
(2007/07/25)
ウィル・スミス.ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス.タンディ・ニュートン

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
本物の親子みたい。
って、当たり前か。ほんとうの息子なんだもんね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/04/23 07:04 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ41~56『ジョジョの奇妙な冒険48~63』
ジョジョの奇妙な冒険 (48) (ジャンプ・コミックス)ジョジョの奇妙な冒険 (48) (ジャンプ・コミックス)
(1996/07)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る

から
ジョジョの奇妙な冒険 (63) (ジャンプ・コミックス)ジョジョの奇妙な冒険 (63) (ジャンプ・コミックス)
(1999/05)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
なんともまあ強引なストーリー展開ではあるけれど、ぐいぐい読ませます。
ギャング映画のパクリも(たとえば『レザボア・ドッグス』とか)いい意味で生かされてました。
最後の『ゴッドファーザー』ぽいのは意味不明だけど。
ていうか、第4部では全然ヒト殺しとかなかったのに、今回はバリバリ殺してます。
なるほど。塾長さまが第4部よりも第5部が好きなのはそのせいかぁ。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2008/04/22 18:34 】 | 2008マンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画44『イカとクジラ』
イカとクジライカとクジラ
(2007/06/20)
ジェフ・ダニエルズ、ローラ・リニー 他

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
リアリティーあるなぁ。
内容はムチャクチャなんだけど現実的で、さもあらんが如きとはこういう映画なんだろうね。
感動はまったくしないけど、心に残る映画でした。
来週には内容忘れてると思うけど。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/04/19 11:06 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ40『萌道』
萌道 (バンブー・コミックス)萌道 (バンブー・コミックス)
(2008/03/21)
カラスヤ サトシ

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
フツーに面白かったです。
てか、わたし「萌え」ってことをかん違いしてました。
なるほど。そういう意味だったんだぁ。
なかなか勉強になるマンガでした。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2008/04/15 09:48 】 | 2008マンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画43『ミッドナイト・ラン』
ミッドナイト・ランミッドナイト・ラン
(2002/08/01)
ロバート・デ・ニーロ、チャールズ・グローディン 他

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
何度観ても笑えるし、泣ける。
てことは、そうとう上手いシナリオってことだよね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/04/15 08:21 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画42『仁義の墓場』
pjingi.jpg



仁義の墓場仁義の墓場
(2002/12/06)
渡哲也、梅宮辰夫 他

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
渡社長のダークな魅力満載。
こんなこともやってらっしゃったんですね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/04/15 08:01 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書22『土を喰う日々』
土を喰う日々―わが精進十二ヵ月 (新潮文庫)土を喰う日々―わが精進十二ヵ月 (新潮文庫)
(1982/08)
水上 勉

商品詳細を見る

新編 水上勉全集〈第13巻〉新編 水上勉全集〈第13巻〉
(1996/02)
水上 勉

商品詳細を見る

【評価】

【感想】
料理のバイブル。
この精神なくして、料理は作れない。
詳しくは、
美味しんぼ (33) (ビッグコミックス)美味しんぼ (33) (ビッグコミックス)
(1991/12)
雁屋 哲、花咲 アキラ 他

商品詳細を見る

こちら↑を参照のこと。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/04/11 18:50 】 | 2008読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画40、41『地球最後の男/人類SOS!』
地球最後の男/人類SOS!(2in1)地球最後の男/人類SOS!(2in1)
(2005/02/25)
ヴィンセント・プライス、ニコール・モーレイ 他

商品詳細を見る

【評価】
『地球最後の男』☆☆☆☆
『人類SOS!』☆☆☆
【感想】
コエーよ!
とくに『地球…』のほうは、『アイ・アム・レジェンド』とは別個のものとして観たほうがいいです。
あんな、ウィル・スミスの自己犠牲により、すべてが解決する話ではないです。
まさにこのタイトルのとおり『The Last Man on Earth』って映画でした。
『人類…』のほうは、ちょっと矛盾が目立ちすぎかなぁ。
面白かったけどね。
でも結局ナメクジかよ!?

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/04/10 21:42 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画39『最‘愛’絶叫計画』
最`愛'絶叫計画最`愛'絶叫計画
(2007/07/06)
アリソン・ハニガン、トニー・コックス 他

商品詳細を見る

【評価】

【感想】
おバカ!
嫌いではないけど……。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/04/10 13:14 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ39『NANA-ナナ- 18』
NANA 18 (18) (りぼんマスコットコミックス クッキー)NANA 18 (18) (りぼんマスコットコミックス クッキー)
(2007/09/14)
矢沢 あい

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
いったいいつになったら終わるんだこのマンガ。
つーか、240ページ以上もあるマンガで、本編168ページってどうなのよ?
このオマケシリーズずっと続くんか?(今回はタクミ編)
はあ~、なんかダラダラするシリーズって、ちょっとなぁ……
村山由佳の「おいコー」シリーズとかもそうだけど、大昔にあった「ハイティーン・ブギ」もそうだったなぁ。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2008/04/10 10:29 】 | 2008マンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書21『なぎさの媚薬1』
なぎさの媚薬 1 (小学館文庫 し 5-1 なぎさの媚薬 1)なぎさの媚薬 1 (小学館文庫 し 5-1 なぎさの媚薬 1)
(2007/12/04)
重松 清

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
どんだけエロいんだよ?
あ、でも『愛妻日記』よりは、まだいいほうかな。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/04/10 10:20 】 | 2008読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画38『リトル・ミス・サンシャイン』
リトル・ミス・サンシャインリトル・ミス・サンシャイン
(2007/06/02)
アビゲイル・ブレスリン、グレッグ・キニア 他

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
上手い!
そう感じました。
ギアの壊れたワーゲンバス。これは家族を象徴しているのでしょうね。
そのバスを、壊れていても工夫して動かすのが家族のあり方なのでしょう。
すばらしいシナリオです。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/04/09 07:40 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書20『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』
ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド (河出文庫 オ 3-1)ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド (河出文庫 オ 3-1)
(2007/01)
ブライアン W.オールディス

商品詳細を見る

【評価】
☆☆
【感想】
このような露悪的なものは好みではない。
このような内容を、エラリー・クイーンや江戸川乱歩と比較しても仕方がない。意味もない。
なにかワイドショー好きの暇な主婦の気分にさせられた。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/04/09 07:34 】 | 2008読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画37『マイ・ブルーベリー・ナイツ』
51vu82XX-oL__SS400_.jpg

51KnEqT2BLBL__SS400_.jpg

【評価】

327838view007.jpg

【感想】
すばらしい!
ノラ・ジョーンズとジュード・ロウの、このシーン見ただけで、ドン引きして観る気なくしてるヒト、損してます。
この二人の間に2つの物語がサンドイッチされてるんだけど、
327838view003.jpg

多分、てか絶対、この↑↑↑物語を書いたヒトはローレンス・ブロック(共同脚本)の担当です。
マット・スカダー・シリーズを読んだことのあるヒトだったらすぐに判ります。
八百万の死にざま (ハヤカワ・ミステリ文庫)八百万の死にざま (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(1988/10)
ローレンス ブロック

商品詳細を見る

ちなみにこの↑作者。


この映画、かなりお薦めだよ。
マジ観とけ!
327838view001.jpg

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/04/08 08:12 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画36『モンスター・ハウス』
モンスター・ハウス デラックス・コレクターズ・エディションモンスター・ハウス デラックス・コレクターズ・エディション
(2007/06/20)
ミッチェル・ムッソ、スペンサー・ロック 他

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
フツーに面白いけど、とくに目新しいものはなにもない。
観終わって、へーふーんてだけ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/04/08 07:59 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画35『プロデューサーズ』
プロデューサーズ コレクターズ・エディションプロデューサーズ コレクターズ・エディション
(2008/04/04)
マシュー・ブロデリック、ネイサン・レイン 他

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
古典的ミュージカルですなぁ。
面白いちゃーおもしろいけど……スタンディング拍手にはならないなぁ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/04/08 07:53 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書19『彩花へ―「生きる力」をありがとう』
彩花へ―「生きる力」をありがとう彩花へ―「生きる力」をありがとう
(1997/12)
山下 京子

商品詳細を見る

人間は愚かで悪い。でも、それ以上に人間は素晴らしい。命の輝きと尊さを、我が子は死を通して教えてくれた。神戸『少年事件』で逝った山下彩花ちゃん。母が初めて綴った、生と死の感動の真実。
【評価】
今回は☆で評価はできません。
【感想】
ノーコメント。
ただし……
内容紹介に“感動”の文字を入れるって、どうかしてるんじゃないかな。
他のヒトの感想を読んでも、やたらと“感動”って文字を連発してる。
そういうニンゲンこそどうかしていると思う。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/04/05 09:04 】 | 2008読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書18『The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day』
The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another dayThe Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day
(2007/11/26)
乙一

商品詳細を見る

『ジョジョ』シリーズ第4部・杜王町を舞台に起こったもうひとつの事件。構想・執筆2000日以上、鬼才・乙一が渾身のノベライズ!!
【評価】
☆☆☆☆
【感想】
あっぱれ!
そのひと言です。
よくあれだけの要素を無駄にとりいれたなぁ。
ファンにはたまらないのでしょうね。(イタリアンのレストレンのシーンとかは、まったく必要ないんだけど。そういうジョジョ・ファンだけのために用意されたシーンとかエピソードがてんこ盛り)
それでいて乙一ワールドはきっちり描いているわけだから、さすが!というしかないですね。
ビルの隙間で何年も生きている女なんて、まさに乙一氏の考えそうな話だもん。
くー!しびれました。
こんなことやってるんだもん。なかなか新作がでないわけだ。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/04/03 17:15 】 | 2008読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画34『バベル』
バベル スタンダードエディションバベル スタンダードエディション
(2007/11/02)
ブラッド・ピッド.ケイト・ブランシェット.ガエル・ガルシア・ベルナル.役所広司.菊地凛子.二階堂智.アドリアナ・バラッサ

商品詳細を見る

【評価】
☆☆
【感想】
いや、だからなにがいいたいの?
って思わなかった?
タイトル名も、ふさわしいとは思えないし。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/04/03 17:05 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画33『監督・ばんざい!』
監督・ばんざい! <同時収録>素晴らしき休日監督・ばんざい! <同時収録>素晴らしき休日
(2007/11/11)
ビートたけし.江守 徹.岸本加世子.鈴木 杏.内田有紀.木村佳乃.松坂慶子.大杉 漣.寺島 進

商品詳細を見る

【評価】
☆☆
【感想】
いや、どうやって感想いえばいいの?
やっぱここはノーコメントっつーことで。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2008/04/02 13:03 】 | 2008映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書17『ブロードウェイ物語――『コーラスライン』の舞台裏』
ブロードウェイ物語―『コーラスライン』の舞台裏ブロードウェイ物語―『コーラスライン』の舞台裏
(1993/06)
ロバート ヴィアガス、トミー ウォルシュ 他

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
伝説のミュージカル、『コーラスライン』がどのようにして出来上がったかがわかる。
多分、そのことに興味のないヒトは、まったく退屈なだけだろう。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2008/04/01 17:20 】 | 2008読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。