スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
映画42『ヘヴン』
ヘヴン 特別版 ヘヴン 特別版
ケイト・ブランシェット (2003/11/14)
アスミック
この商品の詳細を見る

原題 : Heaven
製作年 : 2001年
【評価】
☆☆☆☆
【感想】
いいんだけど。
いいわけないよね。
結局、どんな理由があれ、殺人は殺人だし。
罪のない人巻き添えにして、殺してるわけだからね。
で、しまいにゃ、恋して、ヘリ強奪して、天国へ…って……
面白い!
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/03/30 22:27 】 | 2007映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画41『シリアナ』
シリアナ シリアナ
ジョージ・クルーニー (2006/07/14)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る

【評価】
☆☆
【感想】
べつに、ジョージ兄貴は、特別なことなにもやってないよね?
アカデミーもヘンテコになってきたなぁ。
あげる人いなかったのかなぁ。
『グッナイ…』に監督賞あげられなかったから、オマケかな?
内容は、映画でやるような内容ではない。
てか、中東のことを知りたいんなら、映画館行かずに、図書館行きなさい。って感じ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/03/30 22:20 】 | 2007映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画40『メメント』
メメント メメント
ガイ・ピアース (2006/06/23)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る

原題 : Memento
製作年 : 2000年
【評価】
☆☆☆☆
【感想】
このパターンで、いろいろ出来そうだけど、あんまパクル人いないよね?何で?
てか、わたしが知らないだけ?

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/03/30 22:11 】 | 2007映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画39『栄光の彼方に』
栄光の彼方に 栄光の彼方に
トム・クルーズ (2006/06/23)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

原題:ALL THE RIGHT MOVES
製作年:1983
【評価】
☆☆☆
【感想】
昔のアイドル映画ってこんなんだよね。
ところで、リー・トンプソンって何処へ消えちゃったの?

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/03/30 22:07 】 | 2007映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画38『あの胸にもういちど』
あの胸にもういちど あの胸にもういちど
マリアンヌ・フェイスフル (2005/05/11)
キングレコード

この商品の詳細を見る

原題 : La Motocyclette
製作年 : 1968年
【評価】
☆☆☆
【感想】
絶対薦めないけど、ある意味すごい映画。
前編にわたる必要のないナレーションと回想シーンでの説明は、恐ろしい。わざと?
たとえば、カメラが時計を捕らえているのに、「何時何分だ」みたいなこといっちゃうし。
とにかく、頭で思ってることの全てがナレーション。
オチはこの当時のよくあるパターン。
バイクだと、どうしてもコレやりたがるよね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/03/30 22:02 】 | 2007映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書12【マザー・テレサの本】
今回の本については、普段やってる五段階評価はしない。
わたし程度の者が、聖なる者への評価ができうるはずがない。
愛―マザー・テレサ日本人へのメッセージ 愛―マザー・テレサ日本人へのメッセージ
女子パウロ会、 他 (2003/09)
女子パウロ会

この商品の詳細を見る

【感想】
これから毎日祈りを忘れずにします。
聖なる者となりなさい―マザー・テレサの生き方 聖なる者となりなさい―マザー・テレサの生き方
マザー・テレサ、片柳 弘史 他 (2002/04)
ドン・ボスコ社

この商品の詳細を見る

【感想】
マジ泣きしました。しかも号泣。
マザー・テレサ 愛のことば マザー・テレサ 愛のことば
いもと ようこ (1998/04)
女子パウロ会

この商品の詳細を見る

【感想】
ドキ!
わたしがマザーから受け取った、メッセージが二つとも入っていた。
偶然?
命の法則からいったら、これって必然なんだよなぁ。
マザー・テレサ日々のことば マザー・テレサ日々のことば
マザーテレサ (2000/06)
女子パウロ会

この商品の詳細を見る

【感想】
忘れもしない3/25。
朝の瞑想中に、啓示があった。「教会に行きなさい。答えがでます」と。
瞑想の前に、いつもの写経をした。
そのときの「為」に書いた文字と、この本の3/25に書かれてあることが、まるで予言のように、わたしの写経の中に書かれいた。
この本は東京カテドラル教会にて購入。
日々のことばということだけあって、マザーの言葉が一年365日載っている。
目に見えない導きを、確かに感じ、今後の目標がはっきりと見えた本たちだった。
今は、イエスの傍にいらっしゃる、マザーに感謝と敬愛をこめて、ありがとう、といいたい。
マザー・テレサのカード

これ↑はサービス。
マザー・テレサのカードです。
コピーして、身につけておくといいよ。

テーマ:読書 - ジャンル:本・雑誌

【2007/03/29 15:25 】 | 2007読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画37『豚の報い』
豚の報い


豚の報い 豚の報い
岸部一徳、 他 (2000/02/25)
ビデオメーカー

この商品の詳細を見る

【評価】
☆☆
【感想】
やっぱ、沖縄って綺麗だなぁ……
……ん?
って、オチないやん!
ていうか、そもそも話に内容がない。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/03/28 14:45 】 | 2007映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書11『「原因」と「結果」の法則』
「原因」と「結果」の法則 「原因」と「結果」の法則
ジェームズ アレン (2003/04)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る

日経BP企画
「原因」と「結果」の法則
 何かにつまずいた時や心が弱った時、頼りたくなるのが啓発書だ。本書は1902年に英国の作家によって記されたもので、世界に数多くある啓発書のルーツとも言われている。意外なことに、日本語版は今回が初出となる。
 現実がままならないのは、すべて悪しき思いによるもので、環境のせいではないと説く。結果としての成功も失敗も、その原因は必ず人間の心の奥底にある支配的な思いにあると言う。

 「人間は身勝手な欲望を放棄しているとき、搾取する側、される側のどちらにも属さない」という記述からは、当時の英国社会に蔓延していた閉塞感を宗教以外の論理で解消したいという狙いがうかがえる。「自己制御は熟練技能」という啓発書の基本が、1世紀前に存在していたことは興味深い。


(日経ビジネス 2003/06/23 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)

【評価】
☆☆☆
【感想】
言ってることは判るんだけど、素人は手を出さないほうがいい。そう思った。
カルマの法則や縁起、因縁というものは、仏教思想からはいらないと、ずっこけた解釈になると思う。
書いてあることは正しいし、正論である。
でも、これだと矛盾して、解決できないこともある。
たとえば、生老病死はどうなる?
どんなに、善行をしても、苦しんで死んでいくことは、ここに書かれたある因果律では、解明はできない。
修飾語だけでは、人にちゃんとしたことは伝えられない。
これだと、現世利益的なことにずっこける人が出てきそう。
やはり、命の真理を判ったうえで、よむべきではないか?という気がしてならない。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2007/03/27 14:07 】 | 2007読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画36『かもめ食堂』
かもめ食堂 かもめ食堂
小林聡美 (2006/09/27)
バップ

この商品の詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
群ようこが初めて映画のために書き下ろした。ってあったから、観た。
どちらかというと、よしもとばなな系。
シナリオの学校とかで、この手のものを書いたら、けっこうアウトなんだろうなぁ。
三人の過去が全然見えない。って、絶対指摘されそう。
どうだって、いいんだよね。そんなこと。
実際、そんな過去を説明するシーンがあったら、この映画最低になっていたと思う。
いい、映画でした。
でも、これフィンランドでやる必要あったのかなぁ?

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/03/25 14:16 】 | 2007映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画35『風音』
風音 風音
上間宗男 (2005/08/05)
東映

この商品の詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
芥川賞作家・目取真俊が初めて書き下ろした独創的なシナリオ。ってことで観てみたけど。
けっこう、先が読めるフツーなお話でした。
せっかく沖縄で撮っているんだから、方言だけではなく、もう少し沖縄らしい映像がほしかった気もする。
つみきみほの人殺しシーンは、なかなかいい。
あれは狙いどうりでしょう。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/03/25 14:09 】 | 2007映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書番外『マンガ般若心経入門』
マンガ 般若心経入門 マンガ 般若心経入門
蔡 志忠、野村 春眠 他 (2000/02)
講談社

この商品の詳細を見る

【出版社/著者からの内容紹介】
たった266文字の中に生き方の永遠の奥義がある
般若心経の1文字1文字が示す意味と、そこに込められた智慧の数々をマンガで伝授!!わかりやすくて面白い解説を随所に加え、現代という「色界」から「空」の境地へと導くための入門書。

そもそも般若心経は大乗仏教を世間一般に広めるために書かれたPR文&参考書。難しい言葉が並ぶのは、いかに理論的に、いかにムダなくすべての教えを文章化するかを考えに考えた結果こうなった。つまりは最も短い玄奘(げんじょう)訳の266文字には大乗仏教のすべてが詰まっていることになる。それをマンガでひもとき、わかりやすい解説を随所に加え、誰にでも理解できるよう仕上げた入門書がこれである。般若心経の呪文のような文字それぞれの意味と、そこに込められた智慧の数々をマンガで伝授する、まさに釈迦が考えた庶民のための仏教にぴったりの1冊。般若心経ものしり事典付き!
【評価】
☆☆☆
【感想】
この本を読んで、ジロちゃんの偉大さが、ますますわかった。
けっして、つまらなくはないんだけど、この解説の和尚さん、本当に般若心経を理解してるのかなぁ?という疑問がわいた。
空=ゼロと思いっきりいっちゃっていいの?って感じ。
ジロちゃんは、空はなにも無いと思ってしまうからずっこけた解釈になると言っていたってけ。
結局、お釈迦様から直接聞いたわけではないから、個人の捕らえ方でしかないような気がする。
内容的には似ているけど、詳細は全く違う。
まあ、好き好きなんだろうなぁ。
途中の意味のない、禅問答はいったい何を意図したものなんですかね?
般若心経と関係ありそうで、全くない、誰かの知識のひけらかしって感じがしてしまう。
て、ことで、般若心経に関しては、ジロちゃんを薦める。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2007/03/24 13:13 】 | 2007読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書10『タオー老子』
タオ―老子 タオ―老子
加島 祥造 (2000/03)
筑摩書房

この商品の詳細を見る

【内容】
道(タオ)の満ちた谷にいる神は、けっして死なないのさ。それはすべてを産み出す神秘な女体と言えるものなんだ-。2500年の時空を超えて、「老子」全81章の全訳創造詩。
【評価】
☆☆☆☆☆
【感想】
色即是空空即是色
ですね。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2007/03/22 13:52 】 | 2007読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画34『シティ・スリッカーズ』
シティ・スリッカーズ シティ・スリッカーズ
ビリー・クリスタル (2002/06/28)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

原題 : City Slickers
製作年 : 1991年
【評価】
☆☆☆☆
【感想】
私的には、カウボーイ映画の中でも上位ランク。
いいなぁ。
なんか、こんな旅をしてみたい。
やっぱ、ロードムービー形式の映画って好きだなぁ。
この後94年に『シティ・スリッカーズ2』が製作されたみたいなんだけど、それってまだ観てないんだよなぁ。
ケーブルでやってくんないかなぁ……。。。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/03/22 07:51 】 | 2007映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書番外『マンガ仏陀入門』
マンガ 仏陀入門―仏教の開祖・釈尊の生涯 マンガ 仏陀入門―仏教の開祖・釈尊の生涯
白取 春彦、松原 泰道 他 (2000/03)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
ま、入門って書いてるからね。
要するに、初心者用。
ただなぁ……
旅行会社の無知な女子社員とか、ストーリーに全く意味のない、頭のいいナンパな大学教授とか、ちょっとイタダケナイ。って感じ。
しかも、釈尊の若かりし時、れいの猛禽が……ってくだり(これは有名な話なんだけど)、この本では猛禽が死にそうな人間を食べたってことになってるんだけど、それいいのか?
ウムムム、まあ、マンガだからね。(っていう手の抜きかたはいかんなぁ)
中道(中庸)の意味を知りたい人には、簡単でいいかも。
仏道の真髄です。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2007/03/22 07:45 】 | 2007読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画33『追憶の街 エンパイア・フォールズ』
top_10.jpg


ピュリッツァー賞を受賞した小説をポール・ニューマンら豪華キャストでドラマ化、エミー賞受賞に輝いた珠玉の群像ドラマ。2005年に全米の人気CATVチャンネルHBOで放送されたミニ・シリーズの秀作。
00000892.jpg

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
ポール・ニューマンの写真だけ見ると、
え!エド・ハリスの父親役?って疑問がうかぶけど、
実際、なにもおかしくないんだよね。
80過ぎのじいさんなんだから。
……て、見えねー!
p_01.jpg

p_03.jpg

p_02.jpg

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/03/20 07:09 】 | 2007映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書9『リズム』
リズム リズム
森 絵都 (2006/06/15)
講談社
この商品の詳細を見る

【内容】
ロック青年のいとこの真ちゃんを慕う少女さゆきが自分らしさを探し始める中学3年間の物語。大人になると忘れてしまう中学時代の気持ちや、宝物のように大切な一瞬を丁寧にすくいあげ、「私たちの気持ちを言葉に表現してくれた」と中高生の絶大な支持を得ている森絵都のデビュー作『リズム』と続編『ゴールド・フィッシュ』の2作品を1冊に収録。
【評価】
☆☆☆☆
【感想】
オトナになることとは、心のどこかが汚れていくということなのだろうか?
今の中学生、と考えると、まるで別なストーリーを考えてしまう。
意外とそれが、お話作りを職業としているものの、落とし穴かもしれない。
つまり、中学生=こんなもんだろう?的な発想が、ステレオタイプの人物を作りだし、あたかもこうであろう、みたいなつまらなく、うそ臭いキャラクターを作ったり、さもなければ、マンガ的記号だらけの人物描写をしてしまったり。
上手いなぁ。これが感想のすべてである。
本当はこうなんだろうなぁ、中学生って。
中学生の女子を描こうとする、全ての作家に、参考にしていただきたい参考書的小説でした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2007/03/19 07:45 】 | 2007読書 | コメント(2) | トラックバック(1) | page top↑
映画32『鏡心』
鏡心

韓国のチョンジュ国際映画祭がプロデュースするオムニバス「三人三色2004」の1本として製作された石井聰亙監督の短編作品を基に、石井監督自らが追加撮影や編集の完全やり直しなどを経て「完全版」として完成させたファンタジー・ドラマ。
製作年:2005年バージョン
【評価】
☆☆
【感想】
確かに美しい映像である。
でも、この手の絵って写真で十分って気もする。
絵と音をやりたかったんだろうなぁ。というのはわかった。
でも、映画としてはどうなんだろう?
冒頭から、監督のナレーションで「これは○○の作品である」っていわれてもなぁ。N入れなきゃ判らないような映画にするって時点で、先が知れてるっていうか、それだけ客を信頼していないか、自分の作品に自信がないかの、どっちかだもんね。
しかも、オチが○○体験じゃあなぁ。隠してる意味、あんまないんじゃないのかなぁ。
一番ダメなのは、感情先行型の女優は、何を言っているのか判らないという点。
ゴニョゴニョして、セリフが全く聞こえませんでした。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/03/17 14:38 】 | 2007映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書番外「蔡 志忠先生の本」
マンガ老荘の思想 マンガ老荘の思想
蔡 志忠 (1994/09)
講談社

この商品の詳細を見る

【内容】
争奪と興亡に明け暮れ、誰もが生き残りに汲々(きゅうきゅう)としていた春秋戦国時代。そんな時代に、時流に流されず、超然として心穏やかに自由に生きることを説いた老子と荘子の思想は、現代人にとっても示唆に富んだ魅力的なものである。
老荘の思想をマンガ化によってわかりやすく再現、世界各国で翻訳され、好評を博したベストセラー。
【評価】
☆☆☆
【感想】
老荘といっているのに、何故か最初に荘子がきて、トリを老子にしている。
荘子を最初に読んでいて、嫌になる人が多いんじゃないのかなぁ。
読んでいて、つまんな~い!って思った人、飛ばして、老子から読んでください。てか、老子だけで十分。
できれば、般若心経の「空」を理解したうえで読むと、さらに奥がわかる。
最高に面白い本です。
マンガ 老荘3000年の知恵 マンガ 老荘3000年の知恵
蔡 志忠 (1996/06)
講談社

この商品の詳細を見る

【内容】
お金や地位に名誉を得るため人生をすり減らして何になるのか!?あくせくしたり競争したりせず、悠々自適、自然にまかせて生きることの充足感は何物にもかえがたい。――老子・荘子のことばは現代人への示唆に富んだメッセージ。3000年の時間が磨き抜いた老荘の知恵の神髄をマンガによって解き明かした最適の書!!
【評価】
☆☆☆☆
【感想】
こちらは、老子から始まっているので正解。
荘子は読まなくてもいいかも。時間があったら読んで。って感じ。
キリストが生まれる前、ひょっとすると釈迦牟尼が現れる前に、もうこの思想が説かれていたのですね。
わたしの解釈では「道」=「空」です。
多分「徳」=「精神」とか「魂」ということなんでしょうか?
マンガ 禅の思想 マンガ 禅の思想
蔡 志忠、野末 陳平 他 (1998/06)
講談社

この商品の詳細を見る

【内容】
禅とは、悟りとは、無とは!?アタマで理解しようとすればするほど、心に留めようとすればするほど、この答えは見えなくなる。禅の知恵や、禅をつくり伝えた人々をマンガで表現したこの一冊は、「難しいという概念」が難解にしていた禅の思想をやさしく解明する。理解しようと力まず、気楽に禅に接するための1冊。
【評価】
☆☆☆☆
【感想】
禅問答なんて、はっきりいって、わけの分からないものでした。が、
すごいすごい!
相変わらず、わけがわからないけど、分かる!(お前の言ってることが解らないって?)
これずべて、桑田二郎先生のお蔭です。
彼の本で予備知識と、基本を叩き込んでおいたおかげで、頭で理解するのではなく、頭以外で感じることができました。
すばらしい。が、
素人は桑田二郎先生の本から入るのがベスト。
(このブログでも何冊か紹介しているので、過去の記事を参考にしてね)

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2007/03/16 11:45 】 | 2007読書 | コメント(0) | トラックバック(1) | page top↑
映画31『綴り字のシーズン』
綴り字のシーズン 綴り字のシーズン
リチャード・ギア (2007/03/23)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

原題 : Bee Season
製作年 : 2005年
【評価】
☆☆☆☆
【感想】
微妙系の役どころは、やっぱこのひと、ジュリエット・ビノシュですよね。
さすが。
上手いとかじゃなくって、さすが。って感じ。
やっぱ、こういうひとを女優っていうんだろうなぁ。
彼女の米語は見事でした。
フツーに聞いてたら、え、ネイティブってぐらい正確なプナンスエイション。
ニッポン人俳優も、見習うべきだよなぁ、この姿勢。
なんで、たかだか英語程度で、ああなんでしょうか?
ま、誰とは云わないけどね。
いや~、しかし、宗教色が濃い映画でしたねぇ。
フツー、この手の映画に、こんだけのスターは出ないんだけど。
やっぱ、原作がいいのかなぁ?
マイラ・ゴールドバーグの同名小説を読んでみたくなりました。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/03/14 07:34 】 | 2007映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書8『小さき者へ』
小さき者へ 小さき者へ
重松 清 (2006/06)
新潮社

この商品の詳細を見る

【内容】
お父さんが初めてビートルズを聴いたのは、今のおまえと同じ歳―十四歳、中学二年生の時だった。いつも爪を噛み、顔はにきびだらけで、わかったふりをするおとなが許せなかった。どうしてそれを忘れていたのだろう。お父さんがやるべきこと、やってはならないことの答えは、こんなに身近にあったのに…心を閉ざした息子に語りかける表題作ほか、「家族」と「父親」を問う全六篇。
【評価】
☆☆☆☆☆
【感想】
加納朋子の『モノレールねこ』と合わせて読むと面白いよ。と、言われて、言われるままに読んでみた。
面白い!
誰が「勝ち組」「負け組」と言い出したのだろう?
「勝ち」とは、誰に対して勝ったことになるんだろう?
この世に生まれてくるということは、勝ち負けの為にに生まれてくるのではない。
いい学校に入れたら、勝ち?
出世したら、勝ち?
結婚できたら、勝ち?
お金をたくさん稼いだら、勝ち?
物をいっぱい所有したら、勝ち?
それは、いったい誰に勝ったんだろう?
学校に行くことができなかった人に?社長になれなかった人に?独身者の人に?貧乏な人に?靴を何足も持ってる人に?
それぞれのストーリーに「負」のトーンがあり、だけどがんばって、自分なりの一歩を踏み出している人。
けしてかっこよくないけど、あがいて踏み出そうとしている人。
しげまっちゃんの小説は、ココロのどこかを痛ませると同時に、温かくなれる。
なるほど、男性作家が書くとこうなって、女性作家が書くとああなるのかぁ。
ぜひ『モノレールねこ』と読み比べてほしい。
順番的には、しげまっちゃんを読んでから、朋子さまを読むことをお薦めする。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2007/03/08 12:52 】 | 2007読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書番外『マンガ聖書物語』
マンガ聖書物語 (旧約篇) マンガ聖書物語 (旧約篇)
樋口 雅一 (1998/07)
講談社

この商品の詳細を見る

マンガ聖書物語 (新約篇) マンガ聖書物語 (新約篇)
樋口 雅一、山口 昇 他 (1998/12)
講談社

この商品の詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
聖書の教えは、キリストの偉業をありがたがって読むものではない。
愚かなニンゲンの歴史を、頭に刻みつけ、善と悪、正と邪の判断を、各々が考えるためのものです。
何度も何度も繰り返される、同じ過ち。
なぜ、ニンゲンは気づけないのでしょうか?
答えはただひとつ。
まだ魂の目が開かれていないからです。
だから、キリストを信じるものは救われて、信じないものは地獄に落ちるなどという、たわけた意識に陥るのです。(いや、ほんと、実際に、どこの団体かしりませんが、そうやって言ってました。ヒトが地獄へ落ちるのは、○○○○を信じないからではなく、間違った行いに対してだと、ほんとうに気づけないでいるのでしょうか?かなり問題です)
ひっくりかえった価値観の元で布教している、団体の中でで、救われる説教は皆無です。
気をつけましょう。
図説 地図とあらすじで読む聖書 図説 地図とあらすじで読む聖書
船本 弘毅 (2004/07)
青春出版社

この商品の詳細を見る

↑この本も合わせて読むと面白いよ。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2007/03/07 08:40 】 | 2007読書 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画30『ウォーク・ザ・ライン』
ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 ウォーク・ザ・ライン 君につづく道
ホアキン・フェニックス (2007/02/16)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

原題:Walk the Line
製作年:2005
【評価】
☆☆☆
【感想】
映画『Ray』みたいに、口パクでもよかったんじゃないかなぁ。
脇のエルヴィスもあんま似てないし。
主演女優賞がこれって言われても、出番少なくない?
始まりもなかなか出てこないし。
なんか、ビミョーだなぁ。
ま、でも、面白かったけどね。
……いや、面白いって言っていいのかなぁ?

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/03/05 09:12 】 | 2007映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画29『イン・ハー・シューズ』
イン・ハー・シューズ  イン・ハー・シューズ 
キャメロン・ディアス (2007/02/16)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
ありきたりの話をありきたりに描かれてもなぁ。
面白くないわけではない。
でもなぁ、最初見た段階で、オチがすけて見えてるものって……
zzz……

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/03/04 14:51 】 | 2007映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書番外『マンガで読む論語』
マンガで読む論語 マンガで読む論語
桑田 二郎 (2002/03)
廣済堂出版

この商品の詳細を見る


ジロちゃん

【評価】
☆☆☆☆☆
【感想】
孔子というと、どうも説教臭いオヤジのたわごと、と思ってしまう。
だが、ジロちゃんにかかると、「古事記」でもそうだったけど、言葉の奥に秘める、魂の真理につながってしまう。
そこが面白い。
関連付けや、言葉の奥の謎の解明などは、下手な推理小説を読むより、断然面白い。(へんな日本語)
嵌ってるなぁ。
わたしも、相当病んでいるのだろうか?
もう、何冊読んだんだろう?
それでも、まだ懲りずに、アマゾンに注文している。
早く来ないかなぁ……。
遅いぞ!って、スミ○ツさんに文句言おうかなぁ。(怖いけど)

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2007/03/02 12:31 】 | 2007読書 | コメント(0) | トラックバック(1) | page top↑
映画28『ディパーテッド』
ディパーテッド

原題:The Departed
製作年:2006年
【評価】
☆☆☆
【感想】
アカデミー賞「いいのか悪いのか、みんなでよく考えま賞」受賞作である。
昨今、作品賞を獲る作品には、すべて、このサブタイトルがついている。
されだけ、アメリカが病んでいるということなんでしょう。

ディパーテッド

でも、どうなんですかね?
リメイクでしょ?
しかも、原作よりいいとはとても思えない。
あの精神科医の扱いは酷いなぁ。
ケリー・チャンの扱い方のほうが、むしろ正しいような気がする。
まあ、女性を描けない監督なので仕方がないけど。(『ギャング・オブ・ニューヨーク』のキャメロン・ディアスを見ればよく判る)
内容的にも、シンプルにしたように思うけど、なんか「お話」に頼りすぎ。(オリジナリティに欠けるって感じ)
サスペンス性があって、緊張感はあったけど面白いとは思えなかったなぁ。
原作で、好きだった、初めて二人が顔を合わせるシーン。
れいの、オーディオ売り場。
あれ好きなシーンなんだけどなぁ。
今回は警察署内ですれ違うだけ。
なんかなぁ……。
最後の、あのオチも、あれでいいんですかねぇ?
病んでるね、アメリカ。
あれがアカデミー賞なんですもん。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/03/02 12:12 】 | 2007映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画27『キング・コング』
キング・コング デラックス・エクステンデッド・エディション(3枚組) キング・コング デラックス・エクステンデッド・エディション(3枚組)
ナオミ・ワッツ (2006/11/30)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る

原題 : King Kong
製作年 : 2005年
【評価】
☆☆☆
【感想】
<特別版>ってやつを観た。
劇場公開よりも長いやつ。
長いよ!
劇場バージョンでも長いのに、無駄に長い。
最初の1時間、島にたどり着くまでが意味なく長い。
それから、いろんなことやりたかったんだろうなぁ、というのはよく判った。(虫との闘いなんて、はっきり言っていらない)
肝心のヒロインとゴリラの心を通わせるシーンが、けっこうおざなり。
だから、ニューヨークに帰ってから、再会しても、あまり心が動かされない。
って言うより、いろいろやりたかったんだろうなぁ。
やっぱ、どうやっても、76年バージョンは越えられないのかな。
塾長が、泣かされたシーンは判りました。ロマンチストめ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/03/02 11:53 】 | 2007映画 | コメント(0) | トラックバック(1) | page top↑
映画26『四月の雪』
四月の雪 四月の雪
ペ・ヨンジュン (2006/11/30)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る

原題 : April Snow
製作年 : 2005年
【評価】
☆☆☆
【感想】
なんで観ちゃったんだろう?
この映画の公開時期、『春の雪』と『四月の雪』の評判は聞いていた。
疲れてるのかなぁ?いろいろあったし。
そもそも、不倫されたから、不倫しかえす、って内容どうよ?
それで純愛風味に見せられてもねえ。
やったらやりかえす的な観念は、世の中をダメにしてきた。
これを肯定的に描かれた作品を、どう評価していいのか判らない。
ファンには堪えられない、タマラナイ作品なんだろうけど。
この人たちに思い入れ全くないしなぁ。
まあ、勝手に不倫でもなんでも、やりたい人はがんがんやって。
その代わり、もの凄い「苦」は覚悟することです。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/03/02 11:41 】 | 2007映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。