スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
マンガ117『神々の山嶺3』
神々の山嶺(いただき) (3) (集英社文庫―コミック版 (た66-3))神々の山嶺(いただき) (3) (集英社文庫―コミック版 (た66-3))
(2006/12)
夢枕 獏谷口 ジロー

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
いよいよ、すごいことになってきましたよぉ。
うっそ、マジでぇ!?
ほんと、そんなことが可能なんですか?
天才谷口ジロー。あなたが神だ。
つっても、原作は夢枕漠なんだけどね。
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2009/12/11 08:49 】 | 2009マンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ116『聖☆おにいさん 4』
聖☆おにいさん 4 (モーニングKC)聖☆おにいさん 4 (モーニングKC)
(2009/10/23)
中村 光

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
ゆるむわ~。
ゆるゆる~。
なんとなく癒されました。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2009/10/31 12:56 】 | 2009マンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ115『ダイエット』
大島弓子選集 (第13巻)  ダイエット大島弓子選集 (第13巻)  ダイエット
(1995/03)
大島 弓子

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆☆
【感想】
天才!

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2009/10/11 10:16 】 | 2009マンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
漫画114『ロスト ハウス』
ロストハウス (白泉社文庫)ロストハウス (白泉社文庫)
(2001/06)
大島 弓子

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆☆
【感想】
実は、買ったのは文庫じゃなく、角川書店のおっきいやつ。
アマゾンで1円(送料別)で買った。
イチエンって……。
ところが、この本、面白杉!
大島弓子の短編集なんだけど、表題作「ロスト ハウス」は友人の描くS倉ワールドに近い。
とあるセンセイ的には、この世界観もシュールになるのだろうか?
とにかく、面白かったです。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2009/09/30 11:13 】 | 2009マンガ | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
漫画107~113『イズァローン伝説 2~8』
イズァローン伝説 (6) (中公文庫―コミック版)イズァローン伝説 (6) (中公文庫―コミック版)
(1997/03)
竹宮 惠子

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
すげーすげー!
昨年読んだ『イティハーサ』ぐらいすごい。
少女漫画判ファンタッジー。
あなどれませんよぉ。
かなりハマってしまいました。
ここまで面白いなら『地球(テラ)へ…』も漫画だったら面白いかも。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2009/09/30 09:27 】 | 2009マンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ106『窮鼠はチーズの夢を見る』
窮鼠はチーズの夢を見る (フラワーコミックスアルファ)窮鼠はチーズの夢を見る (フラワーコミックスアルファ)
(2009/05/08)
水城 せとな

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆
【感想】
これがレデ○コミってやつなのかぁ。
でもって、ケータイ少女漫画なんですか?
少女は読んじゃいかんだろう。
え、フツーに読むの?
どんな少女やねん?
まあ、たしかに胸をキュンとさせる内容ではあるんだろうけど……。
けど、今まで読んできたものとは断然ちがう。(しかもエグ杉!)
いつかどこかではもはやくなく、あまりにも現実の時間枠と場所設定のおかげで、ちょっとこれはヒキました。
もうそろそろ卒業したいと思います。(このままこんなもの読み続けると、そっち系のヒトと思われる可能性があるので。え!もうそう思ってる!?)

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2009/09/20 14:05 】 | 2009マンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
マンガ105『ジェラールとジャック』
ジェラールとジャック (白泉社文庫)ジェラールとジャック (白泉社文庫)
(2004/05)
よしなが ふみ

商品詳細を見る

【評価】
☆☆☆☆
【感想】
BL物です。
24年組(萩尾望都や竹宮惠子)が描く耽美な世界は、BL(ボーイズ・ラヴ)というよりは、どちらかといったら少年愛の世界。
しかし、こちらは正にBLの世界。
かなり露骨です。れいの描写が。
けれど、物語としては、すごいです。
時はフランス革命の前後を描いたものなんだけど、ワールドです。よしながワールド。(って、初めて手にしたんだけど)
『きのう何食べた?』も、ある意味BLではあるんだけど、どちらかといったら、そっちは食べ物がメインな話なので、本物のよしながワールドを手にしたのはこれが初めて。
この世界にハマらないように要注意です。
すでにヤバイかもしれないけど。

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

【2009/09/20 10:23 】 | 2009マンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。