スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
映画『塔の上のラプンツェル』
塔の上のラプンツェル [DVD]塔の上のラプンツェル [DVD]
(2011/11/16)
ディズニー

商品詳細を見る

【感想】
これ、内容から構成から、すべてにおいて『アラジン』だよね。
おもしろかったです。
ミュージカル風味のディズニー映画、そういえば久しぶりだったなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2012/11/20 10:02 】 | 2012年のお気に入り | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
読書『タイムスリップ水戸黄門』
タイムスリップ水戸黄門 (講談社文庫)タイムスリップ水戸黄門 (講談社文庫)
(2009/11/13)
鯨 統一郎

商品詳細を見る

現代にタイムスリップして来た黄門様、美貌の女子高生にして正義感の強い麓麗に三須七海、私腹を肥やすため高速道路を新たに造ろうとする政官財のトップたち、日本中の自動車工場の爆破を企むテロリスト集団「赤い馬」。四者が絡みあい、偶然と必然が混然となって突き進む、カタルシス満点の痛快ミステリ。
【感想】
タイムスリップ・シリーズを読んでいれば、たいがいのヒトは今回のオチを読む前から想像できるだろう。
といっても、このシリーズ、そのオチを期待して読むのではなく、この高校生のドタバタ珍道中を楽しむ本。
けれど、ちょっとパワーダウンしてきたかなぁ、最初の森鴎外や幕末ものに比べたら。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2012/11/08 08:53 】 | 2012年のお気に入り | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル [DVD]ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル [DVD]
(2012/04/27)
トム・クルーズ、ジェレミー・レナー 他

商品詳細を見る

【感想】
非常にバランスのとれた映画。
トム・クルーズがひとりでしゃばって事件を解決するのではなく、チームで任務を遂行。そこがいい。
彼も自分がどう動くか? ってことに、ようやく気づいたのでしょう。
だから自分が主演する映画は、プロデュースしないほうがいいよ。
って、この映画にも製作で加わってるけど。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2012/11/06 09:03 】 | 2012年のお気に入り | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
映画『マネー・ボール』
マネーボール [DVD]マネーボール [DVD]
(2012/03/21)
ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル 他

商品詳細を見る

【感想】
沁みるなぁ。
決して派手ではない裏方の物語。
けれども、裏方だって熱い闘志を燃やしてがんばっている。
心に沁みる映画。
オトナになったブラピ。よかったです。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2012/11/06 08:56 】 | 2012年のお気に入り | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
読書『at HOME』
at Homeat Home
(2010/10/27)
本多 孝好

商品詳細を見る

そこは人がほんとうに帰るべき場所なのだろうか?ふぞろいで歪つな4つの家族とそこに生きる人々。涙と冷酷と波乱を存分にたたえたエンタテインメント小説。
【感想】
どの話も、そこそこ面白かったです。
血の繋がりのない家族が、もっとも家族っぽい家族――なんて、まるでテレビドラマ受けみたいな話もあるけど、活字で読む分には支障ないかな。
映像では絶対見たくないけど。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2012/10/24 08:47 】 | 2012年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書『ストレイヤーズ・クロニクル ACT-1』
ストレイヤーズ・クロニクル ACT-1ストレイヤーズ・クロニクル ACT-1
(2012/04/05)
本多 孝好

商品詳細を見る

驚異的なスピードで動く、遠距離の音も聞き分けられる、見たものすべてを記憶する―。常人とはかけ離れた能力を持つ昴、沙耶、隆二、良介。彼らは同じ施設で育った仲間で、特別な絆で結ばれていた。理由あって、大きな野心を抱く政治家・渡瀬浩一郎のために裏の仕事をしている。ある日、渡瀬から家出中の大物政治家の娘を追え、と命令される。目的は彼女が持ち出した秘密ファイル。謎の殺人集団「アゲハ」も絡み、彼らの運命は大きく動き出す。
【感想】
X-MENとウルヴァリンの融合系ストーリー?
そこそこおもしろかったです。
登場人物が多いけど、それぞれのキャラをしっかりつくりあげているようなので、気になりませんでした。
挿絵もあるしね。
いるようなので、といったのは、これつづきがあるから。
今回まったく活躍していない登場人物もいるので、きっと次回作で活躍するのでしょう。
早く読みたい。
けれど、まだ図書館にないんだよなぁ(涙)。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2012/10/12 08:32 】 | 2012年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
読書『夜の公園』
夜の公園 (中公文庫)夜の公園 (中公文庫)
(2009/04)
川上 弘美

商品詳細を見る

「申し分のない」夫と、三十五年ローンのマンションに暮らすリリ。このまま一生、こういうふうに過ぎてゆくのかもしれない…。そんなとき、リリは夜の公園で九歳年下の青年に出会う―。寄り添っているのに、届かないのはなぜ。たゆたいながら確かに変わりゆく男女四人の関係を、それぞれの視点が描き出し、恋愛の現実に深く分け入る長篇小説。
【感想】
恋愛小説というジャンルに入るのだろうけど、そう感じさせないのは、やはり愛憎がないからなのか?
不倫や浮気が出てきても、ドロドロとした関係にはならず、ともすると淡白すぎるニンゲン関係。
けれども、心の底にうずまく感情が見え隠れする。
これが弘美節ってところですかね。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2012/10/07 11:10 】 | 2012年のお気に入り | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。